素敵な動物病院にイメージアップする

シンプルな改修リニューアル




  クライアントゾーン   ワークゾーン/設備/外構等 
1 ファサードリメイク 1 面会動線
2 外待合をつくる 2 工区分けスケジュール
3 バリアフリー化 3 デッドスペースの発掘と集約(2015年10月26日)
4 サイン 動線整理
5 トイレ・洗面 移動する場所と留まる場所
6 シンプルなインフォメーション 防臭
見せる受付 防音
見せる待合 視認性
床納まり・天井納まり メンテナンスし易いディテール
受付廻り 診療環境
イメージカラー  増築+改修
   プレファブ動物病院+改修



     
  問題の抽出   改修目的
改修によって解決したいこと
 
       
  問題の階層化   解決したいことの順序付け  
       
  ソフト・ハード
の振り分け
  ソフト面で解決できる事柄
ハード面で解決できる事柄
 
       
  未来の問題想定   クライアント・従業員増加
医療機器の増設
 
       
  費用の把握   リニューアル工事費用の把握
借り入れ資金等の限度額
 
       
  既存建物条件
の掌握
  建物構造
建築基準法の把握
消防上の問題
 
       
  改善方法の選択   設計依頼先の検討
工事依頼先の検討
 
       
  改修設計計画      
 
東京都大田区のテナント改修動物病院
ファサードと猫用待合・診察室改修

名古屋市中川区の軽量鉄骨戸建て改修動物病院
開業しながら全面改修

神奈川県横須賀市の鉄筋コンクリート造改修動物病院
待合・受付改修と診察室増室

千葉県茂原市の戸建て改修動物病院
待合ラウンジと受付改修

東京都板橋区の改修動物病院
待合ラウンジ改修と外待合

改修リニューアル  

改修リニューアルと改装は別物です。改装は汚れてしまった床・壁・天井をきれいにすることを指します。磨耗した長尺塩ビシートの床を新しいものに張替え、古く汚れたビニルクロスの壁と天井を新しいビニルクロスに張り替え、ドアの汚れを拭い取り塗装部分を再塗装すれば改装は終了です。
改修リニューアルとは動物病院の新しいイメージをつくることです。床・壁・天井仕上げを新しい仕上げ材にすることは改装と同じですが、改修リニューアルによって動物病院が生まれ変わり、お客様に今まで以上の良質なサービスを提供するとともに、診療サービスの向上を感じてもらうことが改修リニューアルの目的です。
床面積を増やすこともできず、天井高さも高くすることができない制約の中、待合室や受付・トイレなどの今までと同じボリュームしかない空間を広く感じるように作り変え、安らぐように設え、癒されるように光を工夫し、メンテナンス性能を向上し、待合環境を整えるのは容易いことではありませんが、改修リニューアルの目的はお客様を癒し、ペットの健康を維持し、豊かな生活を送るための一助になる動物病院にすることです。
汚れの付着しづらいディテールを採用し、メンテナンス性能が高く良質な仕上げ材料を選定し、耐久性能が高く安全な材料を吟味し、健康に留意した素材を選択するだけでも、動物病院としての質は向上します。
さらに素材やイメージカラーを絞り込み、シンプルで公共性の高い雰囲気を醸し出せるような材料や形態を組み合わせて、既視感を感じさせない飽きのこない空間を演出できれば改修リニューアルは見事に成就することになるのですが、言うは易く行うは難し、超えなければならない壁は高く遠く見え難い場所にあります。
これからお話しする改修リニューアルについての考察は、最終目的に達すための最初の一歩です。できることから初めて見えない未来を手繰り寄せるための方策の一つになれば、次の一歩を踏み出す動機にもなります。一つ一つをできる範囲で積み重ねていくことが改修リニューアルの成功に近づくことができる道と思います。

 
東京都文京区の3階建て改修動物病院
開業しながら全面改修 
 
東京都杉並区の全面改修動物病院
開業しながら全面改修 
 
東京都武蔵野市の増床改修動物病院
開業しながら増床改修 
 




設計事務所 動物病院開業のページに戻る

I TRES & ACD ARCHITECTS & PLANNERS
株式会社 イトレス & ACD 設計事務所
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町85 近藤ビル4F
TEL:03-6302-1546    FAX:03-6302-1547
e-mail