動物病院環境設計 テクニカルデザイン

動物病院環境デザインへの30コラム その22


コラムタイトル・素材と調理と香辛料・化粧板・軒先納まり・ナラシノ竣工物件
一級建築士講習・次の手・解かったような気分で上々・アサリ採り考察
不況不幸と捨てようホーム・受付廻り床仕上色・見切る話・五輪不要
少年の記憶・図面を描いてくださる方・2円・動物病院建築動向






№648 動物病院建築動向

 2021/4/30
 東京都区内で設計監理したテナント動物病院が5月に開業を迎えます。青森県八戸市に計画する新規開業戸建動物病院は5月中に工事着工予定です。岩手県釜石市で進行中の動物病院リニューアル工事は動物病院診療状況を鑑み7月に着工予定、9月に引き渡し予定です。埼玉県加須市の新規開業動物病院は工事業者の選定が終わり5月中旬には工事着工を想定しています。11月には開業予定です。沖縄県名護市に計画中の移転動物病院は競争見積依頼中で6月には工事見積が提出されます。建物完成は2021年夏以降になる予定です。神奈川県相模原市の動物病院リニューアル計画は基本設計中です。平面図の概要は固まりつつありますが基本設計確定までには紆余曲折あるものと思います。東京都新宿区のテナント動物病院の基本構想案を4月に提出しクライアントの検討待ちです。事務所より近いテナント動物病院ですので設計監理に至る事を願っています。岡山県から移転動物病院の構想案申し込みを受けています。穏やかな気候で瀬戸内の海の幸が美味しい岡山からの設計依頼は嬉しく心を躍らせながら基本構想案に向き合っています。北海道札幌市の改修計画は見積依頼以降、建築業者の動きが緩慢でいらだつ日々が続いています。何事も平穏な姿勢が良い結果を生みますから怒らず癇癪を起こさず平らかに対峙したいと思います。
 メール、電話、紹介にて設計依頼を頂けるのは大変ありがたく幸せなことです。一つひとつの建築を味わい深く、品良く、シンプルに、クライアントの希望に寄添う動物病院を創るべく2021年も設計に勤しむ日々は続きます。
福井県坂井市 いなば動物病院いなば動物病院






№647 2円

 2021/4/27
 3月中旬から4月初旬、春が近づきコブシの花が開き、桜の花が風に舞い、ハナミズキが微妙な距離感で花を付ける季節は春の風の強い日が何日か続きます。春一番は春の訪れを知らせる季節の便りのようですが、春二番、春三番になると少々迷惑な強風程度にしか感じなくなるのも人間の性であり感受性の我侭なところです。なお、春一番の後に吹く強風を春二番、春三番と言う言わないに関し正しい知識を持ち合わせていませんので、鵜呑みにしないで下さい。私が勝手に春一番の後の強風を春二番、春三番と書いているに過ぎませんので、御承知下さい。
 事務所の通勤は昨年より徒歩です。コロナ禍と同時に電車通勤を回避し自宅から事務所まで歩いています。朝晩徒歩50分、人通りの少ない道を選んで寡黙に歩いています。
京都の哲学者は歩きながら哲学的思考を深めたようですが、私は歩きながら思考を深める能力は無く、無心に歩みを進め自宅と事務所を往復しています。秀逸な人間と凡人は歩く事だけでも違いが鮮明で、凡人が毎日歩いても目の覚めるような、世界を驚愕させ得るような思い付きは決して浮かばず、出てくるモノと言えば汗くらい、日々の洗濯代が嵩む程度です。
 本日は無心の歩き途中で2枚の1円玉を拾いました。落ちている1円玉を見つける目線で歩いていれば自ずと意欲も下降するのかもしれませんが、凡人が成せる行為は2円を拾う程度なのかと得心します。果たして拾った2円は洗濯代の足しになるのかならぬのか・・・。考えそのものが少し汗っぽくしょっぱい気がします。
2円 落し物落し物 2円






№646 図面を描いてくださる方

 2021/4/20
 図面を描いてくださる方からの設計業務は須くお断りしております。お断りしない場合でも私本人が設計に携わることはありません。
 設計の素材提供に関しては貪欲に頂戴いたしますが、素材の調理と味付けは設計事務所の本業と心得ています。調理と味付け段階になってから土足で厨房に踏み込んで勝手次第されると、料理は台無しになります。料理を台無しにする行為と図面を描いてくださる方々とは同じ行為をする人々と私は考えています。
 設計図書に準じて工事が進んでいるにも関わらず工事の変更を求める方々の要求はお断り致します。設計図書は契約書と同等あるいは同等以上であり、建築の本質の最たる位置づけにあたる設計に対して気に入らないだの嫌いだのセンスが無いだの素人だから解らないだの建築工事が進んでから言う方に対しては返答するのも億劫になります。そのような場面で私は考えています。今日はこの後美味いものを食べよう・・・何処で食べよう・・・何を食べよう・・・と。
福岡県福岡市 テナント動物病院設計さとこ犬猫クリニック






№645 少年の記憶

 2021/4/10
 八戸市の北に尻引前山という地名があります。いわくありげな地名ですが、浅学にして地名の成り立ちは知りません。『尻引前山』は『しりびきまえやま』と読みます。尻内という地名も近くにありましたから、尻の前後や内外を区別するために付けられた地名なのかもしれませんが、『尻』は何?が今、単純な疑問です。
 八戸市は私が生まれ出た土地です。生まれ出てから9年程を八戸で過ごしましたので、愛着のある土地ですが、9歳の少年の行動範囲と認知領域は狭い範囲に限られており、育った家と幼稚園や小学校までの通学範囲と友人の家までの道の両側の家並、家から半径1km程度の点在する遊び場領域程度が私の記憶に残る八戸市です。私が認知する八戸市の領域の中心が尻引前山になります。
 少年の記憶は興味の階層が明快です。自らの欲望と渇望が強く高いものが記憶の上位を占めています。口煩いおばさんがいるクジ屋、なんでも売っているマルコ商店、店先に芳香が香る焼き鳥屋三平、南部煎餅のミミをただで貰えるせんべい屋、ガソリンスタンド裏のブドウ棚、いちいの実がなる垣根は食に関係する場所の記憶、布団屋前の野球広場、蝉取りと鬼ごっこ、かくれんぼをする林、夜の虫取りガソリンスタンド、バッタ取りをする原っぱは遊びに関する記憶、テレビを見せてくれるおばさんの家、ゲームをたくさん持っている友達の家、おやつを出してくれる友達の家の記憶は憧れに関する記憶で特に鮮明です。食に関する欲望と遊びへの好奇心と豊かさへの憧憬が少年時代の記憶に色濃く残っています。
 近年は動物病院の設計監理で八戸を訪れる機会に恵まれています。愛着の深い土地で建築に関わることは嬉しいことです。八戸の記憶の源泉を確認する機会と時間をつくりたいと思っています。
沖縄県名護市 動物病院計画 待合ラウンジパース動物病院計画案






№644 五輪不要

 2021/4/7
 現状の日本の状況は経済とコロナ感染の両睨みでさえ舵取りが儘ならず両立できるような状態でないのは誰の目にも明らかです。二つの問題解決さえ出来ない行政府が3つ目のオリンピック開催問題をわざわざ抱え込んで三方良しの解決を模索しているようですが、既に解決する能力も方策も資金も無い状況に追い込まれています。出来ないことには手を出さず、安全を担保できないことには首を突っ込まずに、自らの守備範囲をわきまえて考え行動して欲しいと願うばかりです。
 不要不急はヤルベカラズと念仏の如く毎日唱え続ける偉い方々、日本や東京にとって現状最も不要不急は五輪です。
沖縄県名護市 移転動物病院計画動物病院計画案 待合ラウンジ






№643 アサリ採りの考察

 2021/4/3
 アサリ取りは砂の中のアサリを掘り出す作業です。非常に単純かつ単調な作業を根気よく続け砂の中からアサリを掘り出します。掘り出すアサリは大小様々ですが、大抵のアサリは直径2cmに満たない非常に小粒で掘り出したアサリの大半は再び砂に戻す作業の繰り返しです。元来、私は単純で単調な作業は嫌いで、増してやその作業を継続するに至っては倦怠感と嫌悪感しか持ちませんが、アサリ採りには毎年出掛けます。太陽の下、苦役に近いアサリ採りの単純作業を毎年続ける理由は単純作業の中に脳の報酬を得る歓びがあるからだろうと睨んでいます。アサリ採りは単純で単調です。単調な作業を繰り返す中で偶然に大きなアサリを掘り起こすことがあります。単なる偶然に過ぎませんが、大きなアサリに当たった瞬間に脳内にドーパミンが分泌されます。大アサリに当たった嬉しさと同時にまた当たるかもしれない欲望が生まれ希望が膨らみます。さらに運が良ければアサリが集住する一体にたまたま踏み込み、中アサリから大アサリがザクザク出てくることが稀にあります。この稀な状況の中で脳内ドーパミンは著しく大量に分泌され、脳内は悦びに満ち溢れ単純で単調な作業は宝の山を掘り当てた歓びに包まれます。脳内ドーパミンは宝の山を独り占めしようと試みる欲深い精神を刺激して肉体に集中と効率の指令を発し、単純作業と単調な動作は機械仕掛けのように作動し始めます。ゴールドラッシュもオイルマネーもアサリ採りと大した違いは無いだろうと想像します。単純で単調な作業が嫌いでも人間の脳の構造は単調で単純に動くように設計されているものなのかもしれないと毎年のアサリ採りを思いながら考察しています。 神田川 2021年4月神田川に散るサクラ






№642 見切る話

 2021/4/2
 建築現場では見切る検討がたくさん出てきます。床と壁の見切り、壁と天井の見切り、仕上材が異なる境目の見切り、異質な材料が接する場所や仕上材が変わる場所、入隅や出隅の見切り、曲線や曲面の折り曲げ見切り等々、建築の納まりを考え出すとあちこちに見切る部分、見切らない方が良い部分、見切らなければ納まりが付かない部分が出現して、何を使い、どのように、見切れば違和感がないか、材質、材料、色、光沢、幅、形状、を検討し、見切った結果が美しいか、自然か、気づかれないか、気づかせたいかを始終考えさせられます。
 建築の見切りは、建築完成後に気づかないければ、気にならなければ、ほぼ正解と言えます。目に留まらず、目立たせたくない見切りにするために、建築現場で見切り方法に悩むのも理不尽な話と、思うでもなく思わなくでもないのですが、建築 現場での見切る話は尽きることはありません。
 設計段階で検討する見切りと建築現場で直面する見切りは同じ見切りですが、解決方向は異なる場合が多々あります。設計段階で奥深くデザインや納まりを追求しても全てを解決できる訳ではなく、現場に出て実物を目にして設計段階では思いも拠らない解決方法が見つかる事も多いものです。現場はたくさんの掘り出しモノが転がっているところですから、可能な限り建築現場には足を運びたいと思っています。
神田川 サクラ神田川沿いのサクラ






№641 受付廻り床仕上色

 2021/4/1
 待合ラウンジの仕上について打ち合わせ中、クライアントである獣医師の先生から床色に関して指摘を受けました。待合ラウンジ仕上に関しては特別なこだわりはないけれども、オシッコが分かりやすく気づきやすい色を選んで欲しいとの要望です。
 待合ラウンジは診察待ち時間を過ごす場所です。診察を待つ間、殆どのお客様は待合ラウンジの椅子に腰掛けベットはお客様のそばでリードに繋がれています。待ち時間のペットのオシッコはお客様が気づいて床掃除を行いますが、会計処理の際、受付周りで話し込んでいるとお客様がペットのオシッコに気付かない場合が多いようです。気づかずに床を拭き忘れた後、動物病院スタッフが床汚れを発見して掃除する際、床色とオシッコが同色に近いと発見が遅れ掃除が遅れ臭いが残る、いわゆる清潔感を損なう可能性が高いので床色にはオシッコが発見しやすく汚れが分かりやすく掃除が容易で臭いが残らない材料の要望をお願いしたいとの要望でした。
 受付カウンター廻りの床色について検討を要する事項はまだまだあると再認識しました。
埼玉県加須市 イノウエ動物病院 待合ラウンジと受付カウンター埼玉県動物病院計画
受付カウンター






№640 “不況不幸”と“捨てようホーム”

 2021/3/16
 何かが欲しいと思うことが数年前からなくなりました。数年前よりも最も以前、20数年前あたりから物欲は消滅しています。欲しい何かとは主にモノを指しています。最低限必要なものが身の回りに揃っている状態が続いていると、欲しいものは無くなります。歯ブラシが古くなると新しい歯ブラシを買います。シャツに穴が開き修繕が出来ない状態になると古いシャツは捨て新しいシャツを買います。靴が傷み破れると新しい靴を購入します。欲しいものを買うための購入と言うよりは普段使用する必需品のための購入が続いています。
 2020年から不要不急の行動抑制を喧伝されています。不要不急の行動抑止に向けられているような言い回しですが、行動ではなく本質は人間に向けられている言葉で、役に立たない者はひっそりと静かに黙って動くなと言っているように聞こえます。
 何処かの首長は”不要不急”の行動を控え”ステイホーム”を日々繰り返し、自らの見栄えの良い立ち位置を模索するには長けているようですが、信念に裏打ちされない言葉が届く範囲は狭いものです。結果的には“不況不幸”と“捨てようホーム”が日々現実化している程度でしかありません。
ナラシノ動物愛護病院 OPE室ナラシノ動物愛護病院
設計監理:コモダアトリエ






№639 解ったような気分で上々

 2021/3/14
 設計の意図や意味を説明することはありません。設計のコンセプトを話すことも殆どありません。設計図面から汲み取って欲しいことは設計の意図や意味でもなく、設計コンセプトでもありません。クライアントにとっては設計が気に入るか気に入らないかの二者択一で良しです。大部分のクライアントは設計の良し悪しを求めるよりは建築士の人となりを観察し設計を任せられるに足る人か否かを観察し確認しているのだろうと思います。人格選定が選択の本質であっても私は全く構いませんが、性格も人当たりも容姿も良い人が良い建築を創り得るとは限らず、設計の才や建築の創意は人格や容姿とは関係無く設計図に表現されます。建築の本質は建築士の性格には全く関係無く設計図にあります。
 一本一本の設計図の線には意味があり意図を持って建築士は描いています(おそらく・・・)。各々の線には意味があり意図がありますが描いている線そのものに意味はありません。意味がある、あるいは意味を込めようととしているのは線に囲まれている空白の空間です。空白の質を高め、心地良い空間足りうる条件やディテールを検討しひとつ一つの線を描いています。建築士は壁と天井に囲まれた部屋(空間)の機能的な質の向上を目指し、心地良さを具現化する作業段階が図面検討であり、図面上では壁や天井を線で表現しています。
 図面から部屋のボリュームを感じ取り体感できるまでになるのは相応の経験を要します。殆どのクライアントの方は図面を見て空間を解ったような気分になっているだけで、図面から空間を認識する能力を有するのは極少数の建築士だけであろうと私は睨んでいます。極少数の建築士とわざわざ書いているのは建築士でも空間把握が出来ない者も結構な数、存在しています。クライアントは図面を見て建物が解ったような雰囲気になればそれはそれで良い事と思いますし、殆どのクライアントは解ったような気分になる事を設計説明の際には望んでいるのだろうと想像しています。
新宿区神田川沿いのサクラ開花神田川沿いサクラ
2021年3月14日






№638 次の手

 2021/3/13
 動物病院は動物の病気を癒す場所です。動物の健康継続を実践出来る動物病院はお客様に選ばれる動物病院です。動物と豊かに暮らす方法を提案できる動物病院はこれから多くのクライアントを集客する可能性のある動物病院です。動物達と信頼関係を築き共生する暮らしは今後もさらに拡充していく方向になるでしょう。動物医療のみならず動物との生活の共生と充実を提供するのもこれからの動物病院の役割のひとつになっていくと思います。 ナラシノ動物愛護病院 処置室とICUナラシノ動物愛護病院
設計監理:コモダアトリエ






№637 一級建築士講習

 2021/3/12
 講習を受講しました。3年に1回、日本の建築士は講習に無用な受験料を支払い無駄な時間を浪費しています。国土交通省の頭の回るお役人の方々が構造設計改竄事件を契機に建築士が起すと想定される事件を軽減する処置として編み出したのが建築士の講習制度ですが、役人達と役人を取り巻く企業の利益にはなりますが、建築士には何一つ益無く、災いが増えただけです。
 建築許可の許認可責任は公的機関及び国土交通省側にあります。建築士が作成した図面や書式を審査するのは公的な機関であり、許認可する以上は許認可責任があり、当然のことですが頗る賢いと思われる能力、所謂高等スキルも持ち合わせているのが公的機関です。
 構造設計改竄も見つけられず、建築の許認可を許諾して、何一つ責任を取ることもなく、設計者や当該建築のディベロッパーや出先機関に責任の全てを押し付けて罪に問われず、その上、改竄事実を利用して建築士講習などという何の意味も無く必要もない講習会を義務化し、国土交通省のお役人の天下り先を増やす作業を素早く取り纏める輩は昭和の時代劇に登場する悪代官とお抱え商人の構図と全く同類で絵に描いたような小役人思考です。賢い頭の使い所を勘違いしていることに気付かない組織と組織を構成する個人の堅牢で狡猾な体質は今後も変わることは無かろうと想像します。
 9時30分から16時30分まで配布された資料を飛ばし読むだけのビデオを長々と流されて、終了後に40問の設問に回答し、焦点の合わない目で小さなマークシートを黒塗する建築士は、国家資格の取得者の扱いを受けているとは思えません。世の中の国家資格の取得者に遍く同様の講習を課すか、課さないならば、即刻役人のための役人による役人に紐づく利益づくりの講習を止めるべきです。無駄で無意味で無益な講習は廃止が適切です。
ナラシノ動物愛護病院 受付カウンターナラシノ動物愛護病院
待合ラウンジと受付カウンター
設計監理:コモダアトリエ






№636 ナラシノの竣工物件

 2021/3/10
 動物病院の新築竣工物件は珍しくはありませんが、2020年からのコロナ禍の影響で建築竣工物件を見る機会も格段に減りました。2021年3月初旬、千葉県習志野市に竣工した移転動物病院の竣工物件に竣工写真撮影補助を兼ねて見学に行きました。久しぶりの新築竣工動物病院だな〜と感じながらナラシノ動物愛護病院を訪れました。北習志野駅から徒歩3分、沿線線路側にオープンなガラス張りの待合ラウンジ、診察室7室を要する充実した診療体制、診察室バックの処置検査スペースの広さは十分、薬局、検査台、ICU配置が絶妙で医療サービスの質の高さを感じられる設えになっており、各室のゾーニングは程良い距離感を保ちながら濃い緊張感を保っている良質な動物病院建築になっていました。手術室とX線室の動線も快適で一般診療のX線室使用にも使い手の良い配置計画を実現しています。
 動物病院2階の道路駐車場側にはガラス張りで開放感溢れるCT室とトリミングスペースを配し、動物病院誘客装置としても十二分に機能することと思います。新たに船出する移転動物病院が地域医療の中核を担う機能を存分に発揮することを願っています。
千葉県習志野市 移転動物病院 ナラシノ動物愛護病院ナラシノ動物愛護病院
設計監理:コモダアトリエ






№635 軒先納まり

 2021/3/6
 屋根伏図を描きつつ屋根の軒先、ケラバ、大棟の出や納まりをあれやこれや思い悩んで一日が過ぎました。建築の実施設計は他人から見ると厄介で面倒で細かな作業を根気よく続けているように見えているのだろうと思いますが、描いている本人は時間を忘れ我を忘れて図面に没頭しており、無我の時間が心地良く流れている感覚です。
 軒先の出寸法や納まりなどはどうでもよかろうと思っている方は多く、それ以上に人生経験で軒先の事など考えた事など一度も無い方も大勢いる事と思います。勿論、建築設計において四六時中軒先について考え続けている訳ではなく、たまたま木造建築の屋根形状や傾き、壁との取り合いを思いながら屋根伏図に向かったところ、外壁との取り合いが気になり出し、加えて、屋根の納まりが建築の外観の印象に関わりが深く大きいだろうと思い始め、軒先やケラバ、大棟の寸法や納まりを考え出した次第です。
 軒先の納まりはミリ単位のスケールです。建築外観は十数m単位のスケールです。十数mのスケール感に対して数ミリの納まり検討が意味があるようには思えないと考えがちですが、建築とは然に非ず(サニアラズ)、数ミリ単位の納まりが大きなダイナミックなデザインを支える原資となる事も多々あり、かつまた、大きなデザインを担保する小股の切れ上がった粋なディテールが肝になるモノなのです。
軒先 納まり検討図軒先納まり 検討図






№634 化粧板

 2021/3/5
 建築仕上に使用する材料に命名されている化粧板、文字通り表面に化粧を施した板なのですが、近年の化粧板のお化粧ぶりは本物を差し置いて見事な出来栄えの品が数々あります。木目が浮き出た化粧板は偽物か本物かの品定めが難しく、本物よりも本物らしい偽物の木目化粧板があり、あまりにも本物らしい偽物の化粧板なんて言う表現は何を言っているのか分からない難解な日本語表現になります。
 所詮は本物に似せた偽物の化粧板が、本物よりも本物らしくなってしまうと、いつの日か化粧板が本物で本物の木目は偽物の化粧板に似ているマガイモノ扱いを受けるようになるのではないかと心配しています。
 私は建築を作る側の人間ですが、作る側として自然素材に深い愛着があり自然素材の材料自体に敬意を持っています。可能ならば自然素材を多用した建築の実現を常日頃から思っていますが、今のところ、世間通念としては自然素材を歓迎する素振りは建前止まり、本音はメンテナンスフリーや手入れ要らずを望むクライアントが圧倒的多数です。社会経済的な主流も、自然素材に対しての理解が進まず、自然素材は手間が掛かりコストがかかるものと疎んじられています。
永遠の生命や永久機関に憧れる人類が、長持ちして、手入れ要らずで、汚れず、朽ず、腐らない、材料を欲するのは止むを得ない事なのかもしれません。モノの変化を楽しむ余裕も時間も無い環境が化粧板のような紛い物を生み育て、暫くするとどれが本物で何が偽物なのかも判断が付かなくなるのが現実です。自然素材の持つ肌触り感覚は化粧板では表現できません。(今のところ・・・ですが)
 自然素材は、刻まれた年月と時間が素材から滲み出て空間を潤し、腰を下ろして一息つきたくなる空間を演出する役目を担っているような気がします。
埼玉県 テナント動物病院 待合ラウンジパース案テナント動物病院計画案






№633 素材と調理と香辛料(1)

 2021/3/3
 建築の話です。建築計画の素材は建築士が用意するものと若い頃は片意地を張っていましたが計画の素材を常に建築士が用意していては、何れ素材は尽きます。建築計画の素材は計画敷地や敷地近隣に転がっています。さらにはクライアントの想いや要望、意識下の奥深い無意識の中に姿を隠してひっそりと潜んでいます。転がっている素材や潜んでいる素材を見つけ出すのが建築計画をする建築士の役割なのですが、身近な場所やクライアントの深層への注意を怠り、そこら辺に転がっている建築計画の素材の殆どを見逃してしまい、計画のスタートから躓いてしまう建築士が数多いるのも否めません。
 敷地調査とクライアントへの初回ヒアリングは、建築計画の素材探しの肝です。敷地の法令調査と必要諸室要望を聞くだけでは、計画の素材は見つかり難いものです。特にヒアリング時は心と時間に余裕がないとクライアントの思い入れや表情の機微を見逃してしまいます。
何事にも経験は必要と思いますが、ヒアリングでは言葉以外の情報をどれだけ引き出せるか、敷地調査では近隣を含めた場所の雰囲気をどれだけ捕捉できるかが素材調達の極意です。山程の失敗と僅かな成功を糧に今日もヒアリング=素材調達に向かう日々が続きます。
 調理と香辛料のお話しは後日譚としましょう。
東京都調布市 テナント動物病院計画案テナント動物病院計画案







№632 素材と調理と香辛料(2)

 2021/3/2
 素材が潤沢にあれば素材の選定に悩みます。素材が少なければ素材選定に悩むことは無く、調理方法を考え実行する段取りに入れば良いだけです。素材はいくらでもその辺に転がっていると書きましたが、転がっている素材の良し悪しは建築士の選択と判断に委ねられます。選択と判断を誤れば素材を調理し味付けを施したところでクライアントに食してもらえないのが建築図面です。調理の腕が一流でも味付けが抜群でも選択する素材を誤った段階で負ける確率が高くなります。
 相手に意思を伝える方法のひとつが言葉であり、現代では意思伝達の手段としての本流になっています。話された言葉、受け取った言葉を換骨奪胎して自らの言葉に置き換え、置き換えた言葉をさらに図面に反映させる行為が平面計画です。話された言葉=素材と考えて良いでしょう。話され受け取った言葉の中か良質な素材を選定し、下処理して灰汁を抜き、素材の臭みを取り、うまみを引き出す準備をして料理に入る段取りと基本構想案の平面図を仕上げる過程は同じ工程を辿ります。良い素材の選定があり、素材の下処理を手抜き無く行うエスキースを行い、料理段階では最大限の想像力を使い、隠し味には適度に香辛料を使う過程が平面図が仕上る工程と重なります。
 良い平面図は見た瞬間に解かります。品良く無駄な線が無く完結にまとまっています。テーブルに運ばれてくる一皿が美味しそうと思うように、良い平面図は建築士には美味しそうに写っています。美味しい平面図をつくりたいと格闘する日々が唯一美味しい平面図をつくる筋道であろうと思います。
埼玉県加須市 新規開業動物病院計画
埼玉県 動物病院計画






№631 コラムタイトル

 2021/3/1
 コラムのタイトルに深い意味はありませんが、獣医師の先生方からの建築設計依頼がこの先近い将来、右肩下がりになりそうな雰囲気が感じられると『獣医師さんいらっしゃい・・・』風なタイトルが脳の半分以上を占め出します。以前『獣医師さんいらっしゃい』は使用済みですから、同じタイトルは避けたいと思っています。『獣医師さんいらっしゃい-Ⅱ』は視聴率狙いのテレビ番組のようですから選択できず、第三弾も有り様な思わせぶり感が漂います。かと言って塩梅の良いタイトルが即効で思い浮かぶような冴えた頭脳も持っていないことは昔から良く解かっているので、暫くの間はコラムタイトルに悩む日が続きそうです。
 10年前に動物病院設計や建築の覚書として始めたコラム“動物病院開業考”から現在の“テクニカルデザイン”等々にタイトル変更してからも時間が経過しています。最近のコラム内容は動物病院設計や動物病院建築に関係が薄い内容、あるいは全く関係ない事柄について書いていることが多くなっています。動物病院設計や建築のコラムを期待している方々にとっては少々方向が違う内容になっていますが、そもそも、動物病院設計や建築のコラムを期待している方が世の中にどれほどいるのかを計りかねていますし、多い数は望めないと思ってもいます。
 コラムタイトルについては今少し、考えたいと思います。考えたところで妙案が浮かぶとは限りませんが・・・。
東京都新宿区 諏訪通りの桜
諏訪通り 桜2021年3月





I TRES & ACD ARCHITECTS & PLANNERS 
株式会社 イトレス&ACD  一級建築士事務所
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町85-9-4F 
TEL:03-6302-1546    FAX:03-6302-1547 
インスタグラム https://www.instagram.com/ac_plan_animal/ 
e-mail

イトレス一級建築士事務所 TOPへ