動物病院 開業支援 テクニカルデザイン

動物病院 開業・移転・リニューアル改修への30コラム その14


3階建動物病院・臆面無い人々・モニターブラケット・転換点
動物病院開業支援相談所・設計は対話から・消費変遷
不動産選定同行サポート・検査台有効高さ・OPE準備カウンター
換気概要・24時間換気・カラーホルダー・不都合なお知らせ






№420  転換点

 2020/3/13
 世の中、新型コロナウィルス禍です。日本も世界も状況が好転しているようには見えません。近い将来好転するようにも見えません。好転の兆しが感じられないと言うことは、暫くは望まない状況が継続する公算が高いと覚悟すべきなのでしょう。
 世の中の動物病院も少なからず影響を受けているものと思います。小さな動物病院は数人の来院で待合室の密度は上がります。待合室での長時間滞在を避ける行動と対応を実践していかなければなりません。院内換気、通風、消毒等、普段以上の慎重さを求められる状況は暫く続きそうです。診察待ち時間の短縮も考えなければなりません。好転への転換点が近い将来に見えて欲しいとともに、浮かび上がった問題も解決の糸口を検討する時期です。

東京都葛飾区 小動物病院の計画
小動物病院 平面図






№419  不都合なお知らせ

 2020/3/12
 日常には誰かに話さずにはいられない楽しく面白い出来事もありますが、心苦しく気分が沈む事柄を伝えなければならない場面にも遭遇します。楽しい話や相手が喜ぶであろう話は落ち着いて気楽に伝えられますが、伝える相手が確実に不利益を被ると想像できる事柄や近い将来に起こりうる都合の悪い事実については話し方や伝え方を慮ります。所謂、面倒な事柄を伝えなければならない場面は非常に気が重く面倒臭いものです。話の内容を変えることなく受け取る側が勘違いや間違いを起こさないよう、尚且つ相手が気分を害しないよう殺気立たぬように正確に物事を伝える難しさに、度々遭遇します。経験を積んでいるからと言って、都合の悪い事実を伝える事が、上手くなる訳でも、得意になる訳でもありません。
 近頃はメール伝達が多いので、連絡事項の最後に『不都合なお知らせ』欄を設けて、意にそぐわない事項の説明をするように努めています。
手術室前の準備コーナー
タテイシ動物病院 OPE準備






№418  風呂銭、タバコ銭

 2020/3/11
 残りの小銭が寂しくなる。百円2枚、十円11枚、その他1円2枚。持ち金合わせて312円。風呂代280円、タバコ銭280円、自主流通米の米袋に米が三合、醤油と塩が少々、水道料金は未払いだが、今月一杯水は出る。定期は残り2ヶ月、ビールの空瓶が40数本。酒屋に空ビンを持ち込めば800円の収入有り。
 この期に及んで、手持ちの312円の使い道に思いを馳せる。風呂に入れば今宵は気持ちよく睡眠につくことができ楽しい夢が見られるかもしれない。しかし、明日の32円生活は堪える。タバコを買えば3日ぶりの入浴は消える。しかし、タバコは明日も吸える。明日タバコを節約すれば明後日もタバコは吸える可能性が高い。ビール空瓶の換金分を思えば明日以降も832円の手持ち+換金800円で生活は成り立つ可能性はある。ん〜ん・・・。
 20代の頃は日々の生活の些細な行方について考えていたように思う。六畳間の天井には裸電球が揺れていた。
犬用入院室と収納棚
タテイシ動物病院 入院室






№417  骨董品の価値、設計の価値

 2020/3/3
 骨董品の価値は私にはわかりません。価値があり高値が付いてもおかしくない代物を目の前にしたところで、古臭い壷が置かれている程度の感想しか持ちませんし手にとって眺めようとも思わないでしょう。しかし、目利きの方に目の前の壷が1000万円の価値があると教えられた途端に1000万円の壷として眺めることでしょう。だからと言って目の前の壷は私にとって価値はないもので、壷に価値がないことには変わりありませんが、壷に付けられた1000万円という金額にはいささかどころではない垂涎の価値があります。壷自体に対して魅力を感じず所有する意志も意欲もないにも関わらず1000万円のお値段がつく壷の1000万円には強い引力を感じます。壷に付随する価格に価値があり壷には何の興味もない個人的な状況は建築全般が置かれている設計の価値に似たような状況と似て非なるものとも言えないと考えています。 闘う遮光器土偶
闘う遮光器鉄偶






№416  アマゾンに言いたい

 2020/3/2
 職業上、プリンターインクを始終購入します。建物写真・インテリア写真のカラー印刷が多く部数も必要ですからアマゾンを利用してプリンターインクを購入します。当事務所で使用するプリンターは複数メーカーの複数機種で各々の機種によってプリンターインクが異なります。エプソンでもキャノンでもブラザーでも同じメーカーでもプリンターの機種が異なるとインクも異なります。プリンター機種とプリンターインクの品番等に互換性もありません。機種が違い使用可能なインクが違うならばせめて機種とインクの品番程度は揃えて欲しいと思います。
 アマゾンでプリンターインクの品番を検索するとインクが表示されます。表示インクの下欄には同等のインクが数多羅列されます。羅列されるインクがすべて今回検索したインクと同等品で同じプリンターに使用できるものと思い込んでしまう私に過ちの現況は存在しますが、検索品番と違うインクを検索下に羅列するアマゾンの手法はインクを間違って買う人を待ち構えている蟻地獄のような商法ではなかろうかと訝しく思います。当方、アマゾンでプリンターインクを買う場面は落ち着いてモニター画面を眺めている状況ではなくプリンターインク切れに遭遇して急ぎの提出が間に合わない状況が多く気が急いている状況下でのプリンターインク選定判断です。そのような心理状態の時でも貧乏人の性でなるべく安いものを購入しようなどという貧民根性が顔を出し少しでも安い品物を探すのですが、ここでプリンターインクメーカーの深遠な策略とアマゾン蟻地獄にまんまと嵌り、高い頻度で使用できないプリンターインクを購入してしまいます。
 アマゾン及びプリンターメーカーの方々、間違いを誘引するような品番や紛らわしいディスプレイは止めて頂きたい。それとも、ある確率で間違いが起こるように仕組んでプリンターインクを販売しているならば、それはただの迷惑であり大きな間違いです。
 どのような消費者(気が急いて間が抜けている消費者であっても・・・)にも解かる様、間違いが起こらないような販売方法を実践して頂きたいと切に願っています。
怒りの遮光器鉄偶
怒りの遮光器鉄偶






№415  風が吹けば桶屋が儲かる

 2020/2/26
 開業不安を煽れば開業コンサルタントが儲かります。動物病院は飽和状態で開業後の動物病院運営が厳しい状態になると吹聴するほど開業コンサルタントに問い合わせが増えます。風が吹けば桶屋が儲かるのと同じ構図です。
 首都圏の動物病院開業数はここ数年横這いですが、首都圏でのACプランへの設計依頼は減っています。個人設計事務所が新たに動物病院設計に介入しようにも新規開業動物病院数は限られていますので、本腰を入れて取り組むためには新規開業動物病院の絶対数が少なすぎます。開業コンサルタントに相談を持ち込む獣医師が増え、相談からの流れで開業コンサルタントからコンサルタント紐付きの設計事務所に設計依頼が多い状況と考えるのが妥当と思われます。
 ACプランが開業コンサルタントと手を組んで紐付き事務所になれば、現状は打開できる可能性もありますが、ACプランは発足当初から、開業コンサルタントとは一線を画して独立した動物病院専門設計集団として設計監理を受注する方針を貫いており、今後も今までの方向性を堅持して動物病院設計を進めていきます。
 風が止めば桶屋は儲からない、即ち、開業不安が少なくなればコンサルタントは儲からなくなります。どのような状況下でもどのような時代でも、新規開業は誰にとっても不確実であり、いつの時代も不安がない新規開業はありませんが、不安よりも希望が大きい動物病院の設計をACプランは目指しています。
検査室と処置室
調布 タテイシ動物病院
検査処置室






№414  心地良いこと、美しさ

 2020/2/25
 建築の目的は建物の機能を理解し心地良さを実現することです。心地良さは使い心地の良さ、美しさ、気持ち良さ、安堵感、安心感、癒し、環境との共生等、人間の五感を刺激する感覚を含みます。五感に関わる感触、心地良さも美しさも数量で表すのが難しく、データ化し数値化することが難しいものです。
 データ化し数値化出来ない現象については感性を磨き感覚を研ぎ澄まして紐解こうと試み、感性と感覚を共有する手段となるコミュニケーションを高め、言葉をつくり、語彙を操り、表現を豊かにして、美しさ、心地良さを伝えようとしますが、感性は未だ成熟せず、感覚はさらなる刺激を欲望し、言葉は未だ発展途上で、伝えられない感情や共有したい感覚の表現は言葉数を要し、言葉での伝達には多くの時間を要しますから短く簡潔に表現するのは簡単ではありません。時間を要し簡単ではないことに対して人間は付き合い難くなり、素早く簡潔に簡単に作業を進めるためにあらゆるものを目に見えるように数値化してきました。数値への信仰は神に近い領域までに達しようとしているようです。
 感性も感覚も個人的な部類に属しますが、環境や流行と深い場所でつながり、社会とも広く関係性を持っています。感性も間隔も絶対ではなく相対で、主張ではなく世の中の同意形成の中で形作られるものです。変化することが世の中の常態で、変化という動的な平衡状態に対して目を研ぎ澄ます姿勢が心地良さと美しさを見つけられるものと思います。
タテイシ動物病院 小待合スペース
調布 タテイシ動物病院
第二待合ラウンジ






№413 日本獣医内科アカデミー

 2020/2/24
 2月22日、23日、日本獣医内科アカデミーに展示ブースを出展しました。新型コロナウィルスの影響下での開催にも関わらず多くの獣医師の皆様にブースを訪れていただき、開業や移転、改修の相談を受けました。御利用ありがとうございます。
 展示会場のホワイエからは横浜港が見渡せ、件のクルーズ船も港に停泊している様は、ウィルスの存在を大変身近に感じる経験でした。マスク必着で込み入った話をするのは少々の困難を伴い、普段よりも大きな声と滑舌良く話そうとするとむしろ言葉の選択が不自然になるようで、お話をした先生方には聞きづらかったのではないかと反省しております。
 2021年以降も、日本獣医内科アカデミーに参加する予定です。動物病院の開業、移転、改修、リニューアルの相談や悩み事がございましたら,ACプランブースのご利用をお待ちしております。
調布市タテイシ動物病院 受付カウンターとトリミング室
調布 タテイシ動物病院






№412 設計変更について

 2020/2/19
 設計監理契約後の設計変更回数に制限はありません。何度でも納得できるところまで可能な限り設計変更を重ねます。しかし、時間無制限で設計を変更し続けるといつまでたっても基本設計がまとまらず、実施設計に入る事が出来ず、その後の競争見積や見積調整、工事着工から竣工引渡しまでが設計変更期間の延長によってずれ込んでいきますから、引渡しから開業の期日が決まっている場合は、延々と設計変更を続ける事はできません。ある時点で基本設計を確定し基本設計を良しとする決断を下さなければならず、実施設計に入ってからの設計変更(平面図・立面図・断面図の変更)は設計作業を決定的に遅延させ、設計料金の追加を伴います。加えて着工と竣工の遅れ、開業時期の延期にも繋がります。
 設計監理契約前の変更要望については有料にて行います。最初に提案する基本構想案への変更要望への再提出は1案につき3万円(消費税抜き)程度です。再々度の提出に対しても同様ですので、提出回数分×3万円を設計変更回数分、請求します。設計監理契約に至った際には、設計監理契約前の設計変更費用を設計監理料より差し引きます。
調布市 テナント動物病院 サイン
調布 タテイシ動物病院 サイン






№411 『自分らしく』幻想

 2020/2/18
 自分らしくする、自分らしく生きたいと耳にする機会があります。自分らしく生きる方法等、電車の中吊りや配信記事で目にする機会もあります。『自分らしく』することは、わざわざ言葉にする程のあるいは文字にして解説が必要なほど大事なのかと思う『自分』がいます。
自分を自分以外に置き換えてみると『自分らしく』など、どうでも良いことであろうと思います。大概の人は自分らしくしているはずで、自分らしく生きています。他人らしくする人や他人らしく生きる人を身近に見たことがなく、アメリカ人らしくする人やイギリス人らしくする人は何処か胡散臭くて付き合えず、犬らしく生きる人、猫らしく生きる人は勝手にしてくれれば良く、宇宙人らしくすることも火星人らしくすることもどうしていいのか分かりません。
私のすることや行動は十分に私らしく、それ即ち『自分らしい』のです。わざわざ前置きして『自分らしく生きる』などと考えようとするから頭が痛くなってしまうのであり、考える必要のないことを深く考察しようとするから無駄な時間を消費してしまうのです。
自分らしくすることも自分らしく生きることも、行動すると必然で、日々暮らしていれば自然です。
タテイシ動物病院 待合ラウンジ
調布 タテイシ動物病院






№410 カラーホルダー

 2020/2/16
 動物病院を設計する建築士として、エリザベスカラーの収納方法や収納場所には苦労しています。良い収納場所と適切な収納方法をいくつか試してきましたが、良い方法は見つかっていませんでしたが、この度、設計監理した動物病院の検査台横に見慣れないエリザベスカラーホルダーがあるではありませんか。
大型のカラー収納は難しいかもしれませんが、カラー収納ホルダーとしては適度な強度と大きさ、奥行き寸法も300mm程度で使い勝手が良さそうな製品です。
□ファンタジーワールド:ペットカラーホルダー 300mm×300㎜×75㎜
https://vet.cygni.co.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=15443
シグニの通販サイトで購入可能です。次回の動物病院からは使用を検討しようと思っています。
ファンタジーワールド ペットカラーホルダー
ペットカラーホルダー






№409 動物病院引渡し

 2020/2/15
 テナント動物病院の引渡しを終えました。新しい動物病院がまた一つ出来、ペットの健康を支える地域医療の核が一つ増え、近隣コミュニティの付加価値が上がりました。動物病院はペットの健康を支え、健康年齢を伸ばし、病の折には治療や施術を行う地域の重要なインフラであり生活の一部だと私は考えています。
建物の引渡しは嬉しい反面、手塩にかけて育てた子供が、手を離れて独り立ちしていく時のような、哀しさが少し漂うものです。建築士として、哀しさは言葉で吐露する訳にはいかず、表情に出す訳にもいかないので、杓子定規に建物の点検を終え引渡しの諸事を淡々と進め、クライアントに深く頭を下げ工事業者に感謝の意を表し、笑顔で出来立ての建物を引渡し、颯爽と建物を後にするよう、心掛けています。
これから将来に向かって、引き渡した建物がクライアントと共に良い時間を刻んでいく事を思い願い、嬉しさとほんの少しの哀しさを胸に抱きながら引渡し建物から離れていく時間が、建築士にとっては最高の時間なのかもしれません。
東京都調布市 動物病院DOG
哀愁-1






№408 プラモデル組立説明書

 2020/2/14
 初めて設計図に触れたのはプラモデルです。記憶が正しければアメリカの爆撃機B29のプラモデルをつくる際に添付されていた組立設計図を手にしたのが始めての設計図体験です。プラモデルの設計図はパーツごとの組立部品を正面(?)から見た図面とプラモデルが組みあがった立体(3D)の図面に各パーツの番号と取付位置が描かれた図面になっていました。それらを総じてプラモデルの設計図と呼んでいました。
 私がつくったプラモデルは第二次世界大戦時のドイツ戦車、日本の戦艦・空母・ゼロ戦、サンダーバードが多かったように思います。ジープ、装甲車、サイドカー付きバイク、輸送車等も作りましたがほとんどがドイツ製であったと思います。
 子供心にドイツ製の戦車やジープ、装甲車は群を抜いてカッコイイと思っており、飛行機に関しては日本のゼロ戦が美しいと感じていたものと思います。
 今は建築設計を生業にしています。子供時のプラモデルの設計図が現在の職業選択に何かしらの影響を与えたのか否かは定かではありません。しかし、大学に入って建築の設計製図時の設計図に多少の違和感が生じたのは事実です。設計製図はプラモデルの設計図と随分違うのだな・・・と声には出しませんが心の奥深くで感じていたものと思います。
神奈川県平塚市 15坪テナント動物病院
15坪のテナント動物病院






№407 勝敗は結果

 2020/2/13
 勝つことが目的になると負けること=目的が叶わなかったことになります。目的が叶わなかったということは、目的に向かって邁進してきたあらゆることが間違いだったことになります。さらに、勝つことでしか目的が達成できないのならば負けることには何の意味もないことになります。勝つことは目的にはなりません。勝つこと以外に目的はあり勝つことは結果に過ぎません。勝つという結果を目的に取り違えると物事を生成する過程が狂い始めます。
 基本構想案の目的は計画の道筋を明らかにして計画を志向する方向を明確にし、計画実現への確率を推し量る道を示すことです。基本構想案はクライアントの意図を掴み平面図に落とし込み、計画の大枠を掴む事が主目的であり、誰が見てもすばらしい普遍的な平面図を提案することではありません。設計の目的は設計図を仕上げることではなく計画を実現すること、設計したものを建築することです。
ACORN獣医神経病クリニック ACプラン動物病院設計
ACORN獣医神経病クリニック

設計監理:アトリエテクト






№406 24時間換気

 2020/2/12
 動物病院の院内環境を快適に保つためにも換気計画は重要検討事項です。入院室やゴミ置場の臭いは確実に院外に排気し、動物病院内をいつも快適な状態を保つ上でも換気計画には気を使います。
 診察室や処置室は突発的に発生した臭いを除去するために換気扇を用意しますが、継続的な使用をする場所ではありません。隔離室やドッグランの換気扇は部屋の使用時のみ温熱環境を整えるためと臭い除去のために換気扇を使用します。X線室に設置する換気扇は室内の温熱環境を隣接する部屋と同等に保つために取り付けています。X線室の換気扇はX線使用時以外に稼動させておいてX線室内の温度を一定に保ちます。
 OPE室は陽圧に保ちHEPAフィルター等で不純物を取り除き清潔に保つ場合もありますが、現状の一般的な動物病院ではそこまでの衛生管理が求められているわけではありません。
24時間換気は入院室とトイレ(客用+スタッフ用)に設置します。
 24時間換気扇を設置するトイレは24時間換気のみを取り付けます。入院室の24時間換気扇は24時間換気扇+強弱切り替え換気扇を設置して突発的な臭いの発生に対処するようにしています。
入院室と24時間換気扇
さとこ犬と猫の病院






№405 換気概要

 2020/2/11
 臭いが出る場所、湿気が溜まる場所には換気扇を付けます。動物病院では入院室と隔離室、室内ドッグランやホテル、トイレは臭いの出る部屋ですので換気扇を設置します。給排水設備がある部屋も湿気が溜まりますから、除湿目的の換気扇を設けます。動物病院で水を使用する部屋は処置室、入院準備室、リネン室(洗濯機置場)、検査室、OPE準備室、トリミング室です。使用頻度は少ないのですが突発的な臭い除去のために診察室や検査室に換気扇を設けることもあります。診察室はお客様も使用する部屋ですから多くの獣医師の先生が換気扇を要望します。
OPE室は陽圧換気+HEPAフィルターによる無菌室が理想ですが、一次診療をメインとする動物病院の場合は通常の換気扇を設ける場合が多くなります。
一般的に、入院室とトイレには24時間換気、その他の部屋は局所換気として使用する想定で換気計画は進めます。
いぶき動物病院大宮 入院室換気
いぶき動物病院大宮






№404 調布市 タテイシ動物病院

 2020/2/10
 東京都調布市にタテイシ動物病院が開業します。内覧会は2020年2月15日(土)・16日(日)、2月17日(月)に開業です。
 タテイシ動物病院は調布駅と布田駅の間、旧甲州街道の北側道路沿いの立地です。間口は広くはありませんが奥行きの深いテナント1階です。テナント面積28坪、道路側間口3.9m、奥行き18m、テナント後部間口6.4mの奥行きの深い長方形の変形テナントです。待合ラウンジと個室感のある小さな第二待合スペース、受付、診察室2室、トリミング室をテナント前面道路側に配置し、検査処置室より後部に入院室(犬用10ケージ・猫用4ケージ)2室+大型犬室、OPE・X線室、ドッグラン兼用ユーティリティ、WC、フード庫を備えています。トリミング室は待合ラウンジとテナント前面道路に面し、道路側からも待合ラウンジからもよく見える開放感のある場所です。エントランスから受付・診察室に至る待合ラウンジは変形テナントの形状を利用して奥深くお客様を誘い、第二診察室前には個室様の小待合を置いています。
 商業集積地の街中で利便性の高い地域に開業する動物病院です。生活時間の合間で手軽に利用できる立地条件を備えていますので、近隣の皆様に気軽に御利用いただける動物病院になることを願っています。
東京都調布市 開業動物病院サイン
タテイシ動物病院
サイン






№403 OPE準備室カウンター

 2020/2/9
 オートクレーブやガス滅菌器を置く場所は通常OPE準備室カウンターです。OPE準備スペースが確保できない動物病院の場合、オートクレーブやガス滅菌器をOPE室内カウンターに置く場合もありますが、その場合でも極力OPE用手洗シンクはOPE室外に置くように設計側としては心掛けています。OPE室内は清潔優先、水物を扱う場所ではなく排水を流す場所でもなく、室内は可能な限りドライに清潔に保つ部屋です。
 オートクレーブもガス滅菌器も医療機器としては大物です。設計の際には機器寸法確認と設置位置の確認が必須です。両機器とも奥行きがあり、機器を置くカウンターにOPE前の手洗シンクも入れ込むのでカウンター奥行きは650~700㎜程度を確保します。カウンター高さは850~900㎜程度、OPE用手洗の吐水口高さについては獣医師の先生との検討及び確認を要します。ガス滅菌器についてはガス排気が必要な機器もありますので、設計段階で機器の確認と排気経路の確保を検討します。

□オートクレーブ:幅480㎜×奥行608㎜×高さ467㎜
□ガス滅菌器:幅452㎜×奥行556㎜(776㎜)×高さ434㎜
岐阜はづき動物病院 手術準備室カウンター
はづき動物病院
OPE準備室カウンター






№402 検査台有効高さ

 2020/2/8
 動物病院の医療用検査機器は検査室の検査台に置きます。検査台の奥行きは500㎜~550㎜程度です。検査台には試薬廃棄用の排水シンクをつけますから市販品シンクが入る程度の奥行きを確保するには550㎜程度の奥行きが都合良しです。
 検査機器はモデルチェンジしますから機器寸法が決まっていません。現在主流になっている医療機器の中で背の高い機器は生化学分析器、全自動血球計算機でH=430㎜内外です。現状では検査台天端から500㎜程度の有効寸法が確保できれば、検査機器は支障なく使用可能です。
 検査機器は立ちながら使用する場合が多く、立ち仕事での使用の場合は検査台天板高さを900~1000㎜程度としています。多くの獣医師の先生方と検査台高さについては話し合っていますが、顕微鏡の使用時は座りたいと要望する先生も多く、顕微鏡を置くカウンター高さに関しては設計時に確認を要します。通常の椅子に座って使用する場合カウンター高さは700㎜程度、腰高の高い椅子に座って使用する場合のカウンター高さは850~900㎜程度にしています。

□生化学分析器・ドライケムNX500:幅470mm×奥行360mm×高さ420mm
□全自動血球計算機・セルタック:幅230mm×奥行450mm×高さ428mm
□生物顕微鏡:幅232㎜×奥行350㎜×高さ480㎜
□遠心器:幅320㎜×奥行390㎜×高さ270㎜
柏の葉動物病院 検査室、検査カウンター
柏の葉動物病院
検査室・検査台






№401 基本構想案 概説

 2020/2/7
 基本構想案を最終決定案と受け取る方が多いので、基本構想案について少しばかり解説します。基本構想案は現地調査後に建物への初期要望を聞き取り、ヒアリングした内容を吟味・解釈した結果を図面にまとめて提案する初期設計案です。現地調査が1~2時間、ヒアリング時間も2時間程度ですので建物についての細かい要望を聞き取る事はできません。建築に関する要望と動物病院必要諸室、診察や診療方法等、時間内で可能な限りの要望を聞き取り可能な限りの情報は集めたいと思いますが時間は限られています。
 1~2時間程度の話し合いでは動物病院に関する要望聞き取りが精一杯で、動物病院併用住宅の場合は住宅に関するヒアリングは十分ではありません。住宅の要望諸室を聞き取り住宅への大まかな思いを聞き取り家族人数、雰囲気や関係、生活の仕方等々程度の聞き取りでヒアリングは終了します。
 基本構想案はクライアント要望を漏らさずに最大限取り込んだ平面計画案です。要望過多でも不要と考えられる事項でも要望の実現可能性を求めて、基本構想案後の要望の可否を確認する上でも無理を承知で平面計画案を纏めます。簡単に言えば、基本構想案は動物病院実現へのタタキ台です。タタキ台として耐え得るようにクライアント要望は可能な限り盛り込みます。盛り込み過ぎでテンコ盛り状態になろうとも、取り敢えずは要望入れ込みに全力を尽くします。故に、良い平面計画にならない場合もあり、たまたま、良い平面計画になる場合もあります。良い平面計画にならない場合は要望諸室が多すぎるか要望室希望寸法が大き過ぎるか土地が小さすぎるかテナントが小さすぎるか、土地やテナントの形状が悪いか等々、何かしら要望とそぐわない条件が存在すると言う事です。
 基本構想案で洗い出すのは“要望とそぐわない条件”です。これが発見できれば基本構想案は成功と言えます。要望とそぐわない条件を変えるか、要望を変えるか、それはクライアントの意思です。何かを変えなければ計画が上手く行かないことが基本構想案で判明し、希望する最高の動物病院基本設計を想像する手掛かりになるのが基本構想案です。基本構想案は要望とそぐわない条件を洗い出すタタキ台と理解していただけると満足できる動物病院に近づく可能性は高くなります。
動物病院光心堂 エントランス
動物病院光心堂
動物病院エントランス






№400 不動産選定同行サポート(有料サービス)

 2020/2/6
 動物病院を開業する上でテナントや土地選定には決断を要します。大まかな開業場所は検討が付いているけれども具体的にどのテナント、あるいはどの土地が開業場所に相応しいかは選択基準が多様で判断基準を一律にするには迷いが生じます。
 敷地面積・高低差・形状、インフラ整備状況、隣接地状態、用途地域、建物規模、駐車台数、接道条件、道路からの視認、道路交通量、安全性、過去災害状況等々、土地に関して選択基準は多様です。テナントの場合は建物構造、面積、天井高さ、テナント容量、柱梁位置、既存建物ファサード状況、床壁の既存状態、既存設備仕様確認、排水管径と位置、サイン取り付け位置、室外機置場、サービス出入口、漏水判断、駐車条件等々、細かな既存状況確認を要します。
 開業希望場所範囲や開業面積(土地の場合は要望面積、テナントの場合はテナント面積)、購入希望価格を不動産業者に伝えれば、空いている土地や空きテナントの情報は得られます。希望条件を整理して選択肢を絞り入手情報の中から適切と思われる不動産情報を選りすぐっても4~5候補程度の選択肢は残ります。土地もテナントも現地確認して最終の判断をしますから、情報整理後は土地とテナントを実際に見て判断を下す段取りになります。要望に沿う動物病院を作るための条件が最も整った物件を最終的に購入すべきなのは当然ですが、どの物件が目的達成に最適なのかは現地を見た上で判断しなければなりません。
 イトレス&ACDでは土地やテナント選定時の現地確認への同行有料サービスを行っています。動物病院設計に精通する建築士が土地やテナントの現地確認に同行して先生方が希望する動物病院づくりをサポートします。1回(複数土地・テナント同行可)につき3万円(消費税抜き)が不動産選定同行サービスの料金です。土地・テナントを選定し、設計監理契約を当事務所と締結されるお客様からは不動産選定同行サービス料金を差し引きます。御利用いただければ幸いです。

不動産選定同行サポート:3万円/1回(複数土地・テナント同行可)
東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県以外の場合、交通費プラスになります。
柏の葉動物病院 X線室と防護服フック
柏の葉動物病院
X線室






№399 商品から時間への消費変遷(2)

 2020/2/5
 体験や時間の使い方に消費行動が変遷する中でお客様が利用したい動物病院への要求も変わります。正しく診断をして正しい処方を施しペットの容態を改善する治療への要望は今まで通り求められる最低限の行為ですが、動物病院で過ごす時間や体験・経験がプラス方向に動く事を深層では求めています。
 動物病院の佇まい、サインデザイン、動物病院内の雰囲気、受付の接客、待合ラウンジの居心地、客用トイレの使い勝手、院内の臭いと清掃状態、会話のし易さ、院内の温度環境に加えて医療サービスの質を求めています。
 動物病院の外観デザインもテナントデザインもサインも、動物病院を利用するお客様に直接消費される対象物ではありませんが、お客様が動物病院を選び来院する行為に訴求します。駐車場の安全性や視界の広さ、外部から建物や待合ラウンジの視認良好性、動物病院建築デザインやテナントファサードデザイン等々もお客様の誘客に繋がります。
 消費行動の変遷は動物病院の集客や誘客にも変化と影響が出るものです。心して動物病院計画を進め、動物病院デザインを吟味すべきと考えます。
東京都町田市 テナント動物病院
うぇる動物病院
設計監理:ジュンメ設計事務所






№398 商品から時間への消費変遷 (1)

 2020/2/4
 消費は商品から時間へと動きつつあります。モノの消費から体験の消費と言っても良いでしょう。体験の消費を突き詰めると時間の過ごし方の質に価値を求めることです。経済が拡大している間は、効率に重きを置いた時間の過ごし方が主流で、早く、安く、短くに選択が集中しますが、経済が熟成して、拡大が緩慢になりやがて停滞し、供給が過剰になると購買欲求は横這いになり、モノへの所有欲求は体験する時間の充足に重心が移ります。
気に入った商品を購入して得られる満足感は商品購入前に最高潮に達し、商品購入時点からは右肩下がりになりがちです。モノの消費は購入前に最大の高揚感を感じ購入以降に高揚感は萎みます。欲しいモノが少なくなればモノを得る高揚感も満足感も少なくなるのが当たり前です。
商品(モノ)への憧れは欲しいモノが手に入らない状況に煽られ、他人が欲するモノへの欲求に乗じる購買欲求から相乗されます。自分以外の人間が欲しいと思わないモノには多くの人は反応しません。欲しい欲求が新たな欲しい欲求を生む構造が過剰消費の意欲連鎖です。過剰消費をつくりだすことが商品を売る側の目的となり、過剰消費を喚起する方法を日夜考えるのが仕事の本質になっている現状は、何れは行き詰る構造で無用な欲求を煽る消費構造は多くの無駄を生みます。にもかかわらず、要らないモノを生産し、要らないモノを売ろうと欲する社会が続いているのは資本主義の奥深く闇深い本質の所以でしょう。
ふじさわ街道動物病院
ふじさわ街道動物病院
設計監理:村田三雄建築研究所






№397 設計は対話から

 2020/2/3
 建物の知識がなければ建物の設計はできないものです。住宅への知識や住宅設計の経験がなければ住宅の設計はできません。自分が住む住宅の設計ならば、誰でもできるとは思いますが、自分のための住宅とは違い、他者の住宅設計は相応の知識と経験を重ねなければできないものです。
 設計は対話から生まれます。意志の疎通と気持ちの汲み合いから進路が開け進行方向が垣間見えてきます。対話にも意志の疎通にも気持ちの理解にも、設計者が建物に対する深い造詣を持ち得なければ、話は始まらず、進まず、話すべき方向も決まらず、話の締めくくりが見えない状況がいつまでも延々と続くだけです。時間を浪費するだけの打ち合わせでは、希望する建物の姿は遠のくばかりです。
 動物病院の設計については動物病院建築の経験と医療サービスに対する造詣が必要になります。動物病院医療への造詣と動物病院設計の経験を幾度も反芻し、提案する設計図面に可能な限り注ぎ込み、設計監理を緻密に行うことが、開業後の充実した医療サービスと持続性の高い快適な医療環境維持継続に繋がります。
郡山マハロ動物病院 待合ラウンジ
郡山マハロ動物病院
設計監理:アトリエテクト






№396 動物病院 開業支援相談所

 2020/2/2
 動物病院開業を決めた段階で電話あるいはメールにて開業支援相談希望をお伝え下さい。開業に必要な準備、協力業者等の段取り、融資、設計、医療機器業者、土地・テナント選定相談等を含めて開業支援相談を致します。御連絡頂く要旨は、住所、氏名、開業希望地域、連絡先と開業支援相談日時(複数日)です。日時を調整の上、後日、当方より連絡致します。
開業支援相談場所は当事務所になります。曜日・時間はご希望に沿って調整致します。

開業支援相談
場所:東京都新宿区早稲田町85-9-4階 株式会社イトレス&ACD
日時・時間:ご要望によって調整致します。
TEL:03-6302-1546
Mail:i_tres@nifty.com
Mail書式
■氏名
■住所
■Mailアドレス
■電話番号
■開業希望地域
※相談場所のご要望がございましたら、追記下さい。
ミイペットクリニック 待合ラウンジ
ミイペットクリニック
設計監理:ジュンメ設計事務所






№395 申し込み歓迎

 2020/2/1
 建築相談、設計相談、歓迎です。設計以前のテナント選定や土地選定の相談も歓迎です。さらに前段階の開業支援や移転、リニューアルの支援・相談も守備範囲内です。電話、メール、FAX、いずれのルートでもお申し込み可能です。御利用頂きたく思います。
愛媛県松山市 光心堂 待合ラウンジ
動物病院 光心堂






№394 過労も慰労も苦労も太郎

 2020/1/31
 1961年にこの世にオギャーと生まれ、2021年には60年が過ぎる(思っていた以上に早い)ようです。生まれてから20年程は、何も考えることなくボンヤリと生きていけたもので、人間に進化する前の猿に近いような感覚(猿の心理がわかっていないので猿には失礼な物言いかもしれない)だったのかもしれません。この世に出てから20年あたりで、物事を少しばかり考えるようになり、ヨチヨチ世の中を歩き出した感じがします。人生が60年程度しかないならば、そろそろ終わりが近いけれども、生まれ出てから20年でやっとヨチヨチ歩きでは、実齢60年で漸く40歳になったあたりが妥当な相場と思います。生まれてから60年、20才のヨチヨチ歩きから40年経過して働き盛りに突入という計算もあながち間違いでは無いように思います。
 過労も慰労も苦労も太郎も一緒にして、隔てなく、めでたく、前向きに生きた方が物事も恙無く動きそうな気がするので、明日のためにも今日もよく働きよく寝るのは若い世代が出来る事ですが、齢が過ぎると今日のために今日出来る事を今すぐやる事が大事なようです。いずれ、これから何年生きるのかは解かりようが無く、これからの人生で今が一番若く溌剌としているのは確実です。
柏の葉動物病院 ネイビーブルー
柏の葉動物病院 待合ラウンジ






№393 薄型モニターブラケット

 2020/1/30
 診察室ではパソコンを使用します。CRやDRの画像をモニターを見ながら診察室で診療説明をします。モニターをお客様と獣医師の中間辺りにおいて診療説明をする光景は動物病院の日常です。
 診察室に十分な面積が取れれば理想的ですが、動物病院の診察室は様々な都合により十分な広さを確保できない場合が多い場所です。待合ラウンジや受付は動物病院クライアントゾーンのメイン空間です。必要以上に面積を削る事や最小面積を追求する空間ではありません。診察室廻りの処置室や検査室・薬局は医療作業の中心スペースとなり医療動線の中心にもなりますので、滅多矢鱈に最小限スペースを追求する場所ではなく、多少なりとも余裕を持った計画を心掛ける場所です。入院室・X線室・OPE室等々必要寸法は決まっており、必要寸法以下では目的の医療作業が困難になります。巡り巡って診察室に各所面積の鬩ぎ合いのお鉢が回ってきます。診察室は動物病院としてはとても大事な部屋にもかかわらず、面積不足のお鉢が回ってくる融通の利く部屋なのです。故に必要寸法よりも少々小さめの診察室が各地・各所の動物病院に出現します。狭い診察室に置かなければならない機器は診察台、診察用カウンター、椅子程度ですが、必要機器を置いて人間が2名入ると部屋には相当の圧迫感が漂います。ただでさえ広くないの部屋カウンター上にパソコンやらモニターやらを置いてしまうと診察する気が遠のくような逼迫した緊張感漂う部屋になってしまいます。という事で、モニターは壁に取り付けて少しでも部屋を広く使いたいと誰もが考えるのですが、何も考えずにモニターを壁に取り付けると、モニターが壁から突出して違和感と圧迫感が否めない状況になります。モニターが邪魔になるほど設置壁から突き出ている感を出します。何度もこのような状況に苛まれた結果、右のモニターブラケットを採用する運びとなりました。壁からブラケット取付面まで30㎜、薄型です。モニター取り付けに関しては問題なしと判断していますがモニターの使い勝手については獣医師の先生に後日談を伺い、報告する予定です。
サンワサプライ CR-LA301薄型モニターブラケット
薄型モニターブラケット






№392 臆面無い人々

 2020/1/29
 お天道様がお見通しだったはずの世の中からお天道様が省かれて、お見通しな事はどうでも良くなり、都合の悪いことは無かったことになる世の中になっています。都合の良し悪しで勝手気ままに事実を粉飾できる人々にとってはさぞかし住みやすく、事実を見通そうとする人々にとっては大変住みにくい世の中です。息苦しい世の中になりそうで、楽しく生きていくのは難しいものです。
 息苦しさを覚えるのは、若者ばかりではなく、年寄りも相応の息苦しさを抱えています。記録の残らないことは説明の必要もなく、善悪の判断は線引きの必要はなく、記録を抹消するのは当然のことで、良し悪しに至っては当人の都合で決められる世の中にいつからなったのか定かではありませんが、現代は左様な状況にあるようです。
内子座の奈落
内子座 奈落






№391 3階建 動物病院

 2020/1/28
3階建の動物病院を計画しています。動物病院の3階建は珍しい部類です。相当数の動物病院に携わってきましたが、建物の1階から3階までの全ての階を動物病院として利用する計画はあまり経験がありません、
 各階床面積15坪程度、階段室とトイレを入れ込むと動物病院として使える面積は12〜13坪、1階から3階の建物延床面積は36〜39坪ですが、平面計画の難易度は頗る高い案件です。
 1階は風除室、待合ラウンジ、受付、診察室3室、客用WC、検査室、薬局、酸素ボンベ置場、2階は処置室、入院室2室、トリミング室、手術室、X線室、隔離室、フード庫、3階にはスタッフ室、事務室、洗濯乾燥室、仮眠室、納戸です。
 平面計画は可能ですが、医療動線・医療サービス・院内環境等々、平面計画時に検討を要する事項も多い案件です。クライアントゾーンは圧迫感が無く落ち着いた空間をワークゾーンは無駄な医療動線が無く医療サービス向上に寄与する平面計画を日夜検討中(日夜は言い過ぎ・・・)です。
千葉県柏市 動物病院スタッフ室
柏の葉動物病院 スタッフ室





I TRES & ACD ARCHITECTS & PLANNERS 
株式会社 イトレス&ACD  一級建築士事務所
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町85-9-4F 
TEL:03-6302-1546    FAX:03-6302-1547 
インスタグラム https://www.instagram.com/ac_plan_animal/  
e-mail

イトレス一級建築士事務所 TOPへ