動物病院設計 テクニカルデザイン

動物病院設計・建築・デザインを巡る30コラム その4


動物病院設計図・開業情報・開業プロダクト・動物病院専門建築士・開業相談先






№120 人手不足

 2018/11/24
 建築工事費用は下がる気配がありません。
 景気の良し悪しは世の中の雰囲気で醸成されるもので、世の中の雰囲気は同時代を生きる人々の将来への兆しに同調するものと思います。多くの人が将来への不安を抱いている今現在にも関わらず、建築工事が活況を呈しているのは、どこか目の届かないところで無理を通しているからに他ならず、無理強いすれば、社会の深部にシコリが残り、残ったシコリは将来の歪みを産む要因になります。一部の経済界がゴリ押しし、政治が経済界のゴリ押しに追随し、行政が政治と結託して現状の建築工事の活況は出来上がっており、人為的で短絡的な活況には、底深い奈落もついて回ることに気づかない振りをすることにもいい加減に辟易しても良いのでは無かろうかと個人的に思います。好景気の前倒しを進めると将来への大きな瑕疵が増えるばかりです。
 建築工事の職人数は日本の現状に沿う形、需給の自然な均衡の中で動いています。日本の建築工事状況に対して建築工事の職人が不足しているのではなく、建築工事を現状に沿わない形で無理矢理上げ底にし、好景気演出を持続しようとしているからこそ、職人は不足し、人工(にんく)料は上がり、材料の品薄感から材料費は高騰し、建築工事費用も上がります。無理強いの政策から産み出された建築好況を待ち受ける未来には奥深い奈落が隠れている可能性が高いだろうと感じる次第です。
動物病院のトリミング室
アリス動物病院
トリミング室






№119 山椒的文書

 2018/11/23
 山椒は小粒でピリリと辛い。短い文書でピリッと辛くて、要所を捉え的を射た簡潔な文章を常日頃から書きたいと願うのですが、思いと現実とは直線的につながるものでもなく、そうは問屋が卸ないのが実状です。
 この文章は電車に乗りながらスマートフォンで書いています。慣れないスマートフォンで問屋と書こうとしたら『とんや』を『たんや』と打ち間違え、『たんや』の次候補の言葉に『又兵衛』が現れました。最近の機器は自在に勝手に先読みをして利便性を高めようとしていますが、少し先の未来を機械によって限定される(導かれるといういうのかもしれませんが)ことに、恐ろしさを感じます。
 『とんや』と『たんや』には何の脈絡もなく、機器に不慣れな世の中の大多数の親父の良くある打ち間違いに過ぎないのです。しかし、『たんや又兵衛』のタンは絶品で、鹿児島に所用があると暖簾を潜らずにはいられない店です。残念なことに、鹿児島への所用は今の所入っておらず、たんや又兵衛へは暫く立ち寄ることができず、打ち間違いよりも『たんや又兵衛』にいけない事実の方に、残念な思いが残ってしまいます。打ち間違いも、機器のお節介も、悪いことばかりではないのであろうと、思って良いのか悪いのか?結論は先送りです。
 優れた機器性能の勝手なお節介で妙な思考に入り込んでしまうもので、思考方向も機器の性能によって左右される時代が近いのかもしれません。
青森県八戸市 動物病院待合ラウンジ
アリス動物病院






№118 思考×感情=結果+可能性

 2018/11/09
 決められた時間内に出来ることは限られています。限られた時間内に効果的に物事を進めるためには一人よりも協働した方が良いのは自明です。自明なことは行動に移すべき事ですが、皆が同じ行動をとるとは限りません。各々の損得感情に思考は左右され、未来展望の明暗によって行動の処し方は変わります。結果、自明な事であるにもかかわらず出力結果は変わります。
 やれる事とやれない事が出てくるのは、思考方法と気持ちの持ち用の掛け算の結果に近いように思います。優れた思考をしても気持ちがマイナスに振れると素晴らしい思考に限って大きな負の結果を生みます。たわいない思考でも気持ちがプラス方向であれば良い結果の可能性が濃厚になります。思考方法よりも気持ちの持ち用が将来の結果に対しては大きな意味を持つようですから、プラス思考で行動を続けることが、良好な未来への足掛りを開くためには近道なのでしょう。
キャットサロン 受付ラウンジ
キャットサロンユキ
設計監理:コモダアトリエ






№117 大阪 動臨研 参加

 2018/11/08
 11月16日~18日、大阪市グランキューブ大阪にて動臨研(動物臨床医学会年次大会)が開かれます。本年もACプランは獣医師の先生方からの動物病院設計及び建築の相談を展示ブースにてお待ちしております。
 動物病院の新規開業、移転、増改築、リニューアル、改装等の相談はもとより、既存動物病院のメンテナンス方法や将来の展望等への相談もお待ちしております。展示ブースには動物病院を専門に設計する建築士が常時、複数名控えておりますので、お気軽に展示ブースにお立ち寄り頂き、声を掛けて下さい。
 当コラム、動物病院開業考及びテクニカルデザインをダラダラと書き連ねている筆者(私)は、11月17日(日)の12時過ぎより動臨研のACプラン展示ブースに現れる予定です。

■動臨研展示ブース相談担当者日程は以下です。
  11月16日:大橋純・村田三雄・上村博之
  11月17日:大橋純・菰田秀生・佐藤成美
  11月18日:土`田孝司・菰田秀生・佐藤成美
キャットサロンユキ
キャットサロンユキ
設計監理:コモダアトリエ






№116 脱マニュアル化と反標準化

 2018/10/27
 設計事務所ごとに事情は異なりますが、設計監理業務を一時期に抱えられる数には限界があります。設計監理業務は基本構想案から基本設計、実施設計、確認申請、見積提出と精査、工事契約への協力から工事監理までを含みます。
 異なる作業段階が重なり重複する業務を川の流れのように進めるには、標準化やマニュアル化が避けては通れないものですが、設計監理業務の目的と過程を鑑みれば、マニュアル化や標準化にはそぐわない仕事に属する設計監理の立ち位置は厄介です。デザインを前面に押し出せば標準化から遠ざかり、こだわりを追求するとマニュアル化は蚊帳の外になります。地域環境や地場産業を利用すると量産品では痒いところに手が回らず、依頼者の希望実現には少なからずコストと時間を要します。
 動物病院を数多く設計し引き渡したと言ったところで、次の動物病院の平面計画は今までの計画とは異なり、立面も断面も初めて目にする計画になることが日常です。平面計画から建物ボリューム、構造や設備も新たな展開が待っており、毎度毎度悩みと好奇心の底なし沼に嵌っているような状況の連続が設計監理の実態といっていいでしょう。
 底なし沼に嵌る状況を楽しめるか底なし沼嵌りに怯えるかで設計への向き不向きがある程度は決まっていくものですが、長く建築設計を続ける輩には概して底なし沼を楽しめる体質を身に付けた者が多い(ある意味マゾですね・・・)ようです。設計に関わる底なし沼からの手際良い脱出方法についてのマニュアル並びに標準仕様は、今の所、何処にも見当たらず、見つけられてもいませんので、底なし沼からの脱出に気を揉むよりも、設計現場での実施体験を通して底無し状況を楽しむ能力を身につける方法を磨く方が、現状の設計業務に善処可能な方法なのであろう・・・と思います。
ほほえみ動物病院 入院室猫舎
ほほえみ動物病院
設計監理:コモダアトリエ






№115 建築条件付き土地の話(3)

 2018/10/21
■建物はハウスメーカーに依頼し動物病院専門設計として監修(スーパーバイザー)を行う立場で動物病院設計者を指名し設計から工事監理までを監修依頼する。
 不動産業者やハウスメーカーが建築条件を外さない場合の最終手段が設計及び施工監修です。この場合の監修は動物病院のテクニカル設計と施工に重点を置いた監修になります。待合廻りのデザインや建物外観のデザイン、基本的な平面図はハウスメーカー側の設計図書に準拠し、動物病院の機能を維持し医療環境を整えるための設備や仕上材の選定等を監修の立場でアドバイスします。
 当事務所が建築条件付き土地の動物病院の設計監理に携わった立場は上記3パターンです。まずは、動物病院設計と動物病院建築の特殊性と医療サービス、来院するお客様の誘客の不安が払拭できない業者に設計と施工を依頼できない旨の理解を不動産業者に求め、建築条件を外す方向を模索すべきと思います。何事も状況を好転させるためにはっ困難を要し、時間も要しますが、諦めずに交渉を続ければ、かなりの確率で道は開けます。
 動物病院は地域の付加価値を上げる建物です。動物病院ができることで地域の価値が上がり地域に住む住人の生活が豊かになります。魅力ある動物病院ができることは地域の方々にとってもプラスになることを思い、建築条件付土地の条件を外す方向を粘り強く模索することをお勧めします。
動物病院のデザイン ファサード夕景
シュシュ動物病院
設計監理:村田三雄建築研究所






№114 建築条件付き土地の話(2)

 2018/10/21
■建物をハウスメーカーに委託し動物病院内装のみ専門の設計事務所に依頼する。
 建築条件を外せない場合の選択肢として動物病院併用住宅の場合、建物本体及び住宅部分をハウスメーカーに設計と施工を依頼し、動物病院内装設計のみを専門の設計事務所に設計依頼する方法もあります。この場合、動物病院内装工事を本体建物を受注したハウスメーカーが行う形と別の工事業者が行う形に分かれます。ハウスメーカーが工事を行う場合、建物工事と動物病院内装工事は同時進行します。別業者が動物病院内装工事を行う場合は、本体建物が出来上がり、建物が引き渡された後に動物病院内装工事を行うことになります。
 いずれの場合でも、建物を受注するハウスメーカーや工務店に事前に動物病院内装設計を別途にしても良いか否かの承諾を取らなければなりません。また、ハウスメーカーが動物病院の施工を行う場合は動物病院設計を別業者に委託して設計図書が完成しても、設計図書通りに動物病院内装が仕上がるとは限りません。ハウスメーカーの建物はプレファブ化が進んでおり、規格に合わない部材や製品の扱いが出来ない場合が多く、設計図書に従って工事を行う場合はほとんどの材料や既製品がオプション扱いになり法外な工事金額を要求される場合もあります。動物病院の接や医療環境を充足し医療サービスを徹底したい場合は、動物病院の病院の設計と施工はハウスメーカーとは別業者のほうが良い結果が望めます。
動物病院デザイン 建物外観
動物病院NEXT
設計監理:アトリエテクト






№113 建築条件付き土地の話(1)

 2018/10/21
 建築条件付き土地を選定してしまった場合でも図面提案は可能です。建築条件付き土地で設計監理や設計アドバイスを行った経緯がありますので、以下、各々のケースを記します。
■建築条件を外して設計監理依頼
 動物病院は住宅と比較するとかなり特殊な建物であり商業建築でもありますから、クライアント(獣医師)要望を把握し動物病院機能を理解したうえで、医療サービスを充足し、加えてお客様の満足度を高め得る設計を提案しなければなりません。建築条件付き土地とセットになっているハウスメーカーや工務店では上記のいずれにも力量が足りず、獣医師が望む動物病院設計を建築条件付き土地の設計期間である数カ月間で提案する能力も経験も持ち合わせてはいないのが実状です。
 通常、建築条件付き土地に建てることを想定する建物は住宅です。住宅の中でも設計条件の難易度が低く、住宅へのこだわりが薄いクライアントを想定して建築条件付き土地は販売されます。動物病院設計の経験が浅く能力も不十分、難易度の高い住宅を作った経験も少ない施工業者に動物病院設計を依頼すること自体、動物病院建築の失敗に繋がる可能性は高くなります。建築条件付き土地をつかまされてしまった(掴んでしまった・・・)場合は、是が非でも建築条件を外すか、つかまされた土地を諦めるかの二択しか選択肢が無いものと覚悟を決めて、次のステップに進むべきでしょう。
 建築条件を外すためには、追加費用負担を要求されます。各々の土地単価や面積によって違いはありますが、通常はある程度の追加費用負担で条件を外せる可能性があります。建築条件を外すには不動産業者と粘り強く交渉しなければなりませんし、土地を売る側の利益も考慮する姿勢も持たなければなりません。
 動物病院の特殊性を相手側に丁寧に伝え、土地を購入する側の利益と土地を売る側の双方が将来の利益を出すための方向を誤らない判断が必要です。動物病院づくりの経験が浅い業者にとって、獣医師の要望に応え動物病院を利用するお客様の希望を満足させ得る動物病院の設計は難易度が高すぎる物件となり、施行業者及びクライアント(獣医師)双方にとって良い結果に成り難い状況です。
動物病院デザイン 外観夕景
うぇる動物病院
設計監理:ジュンメ設計事務所






№112 時間を楽しむデザイン

 2018/10/20
 建物を構成する材料はすべからく変化していきます。変化の速度が速いものもあり遅いものもありますが、いずれの材料も時の流れとともに変化していきます。材料が変化する過程を経年変化と捉えて時の流れとともに変わりゆく様を愛でられれば、変化は美しく肯定的に感じられます。材料の変化をあってはなら無いことと断じ嫌悪感を抱けば、変化は単なる経年劣化になり、劣化を留める思考しか無くなります。
 長い時間が経過しても変わらないものに対して多くの人々が畏敬の念を持ち尊厳の情を抱くことに対して否定はしませんし、日本人は新しいもの好きですが、年月が刻み込まれ時間経過が肌に馴染んだものを美しいと感じる気持ちも持ち合わせています。どちらが良いとかどちらが正しいとかの二者択一ではなく、どちらの感性も持ち合わせる振幅幅の広い豊かな感性を持ちながら生きる方法も味わい深い楽しみが増えるものと思います。
 進化論の祖であるダーウィンも言っているように、生き残るものとは強いものでも正しいものでも賢いものでもなく、変化できるもの、変化に対応できるものです。進化論の道筋にはものづくりやデザインの工程と重なる部分が多く、学ぶべき領域も少なからずあるものと思います。
 変化に対応できる柔軟な姿勢で、変化するものに美意識を馳せながら、これからも動物病院設計に勤しんでいきたいと思います。
動物病院 MRI室
動物病院MRI室
設計監理:アトリエテクト






№111 移動式入院ケージ

 2018/10/19
 最近キャスター付きの入院ケージを目にするようになりました。入院ケージ下部にスペースがあり、床と接触する部分にキャスターが取り付けられています。キャスター付きケージは移動も容易でケージ設置にも手間が掛かりません。入院ケージとしての使い勝手は使用している獣医師の先生方に聞いてみないと判りませんし、ケージの居心地に関してはケージを使用する犬猫に問うてみないと判らないのですが、入院室の環境維持や清掃条件に関しては、大変機能的なケージだと考えています。ケージ自体が動きますから入院室の隅々まで清掃が行き届き、固定式の入院ケージよりも入院室を清潔に保てます。入院室の良好な環境を保つのも固定式ケージよりは容易です。また、容態が心配な患者の視認性を確保する場合にも移動式のケージは役立ちそうです。動物病院設計での難点を上げれば、搬入の際の動線計画に制約が出ることと入院室の寸法によって搬入が難しくなりますので、設計中にキャスター付き移動ケージの設置要否と寸法を把握して設計を進める必要があることです。
 先にも触れましたが、獣医師の先生方の使い勝手と入院ケージを使用するペットたちの居心地を満足させられれば(誰の判断によるかは未定ですが・・・)、移動式のキャスター付き入院ケージを導入する動物病院は増えていくだろうと思います。
キャスター付き猫入院ケージ
キャスター付き猫ケージ






№110 開業シミュレーション

 2018/10/14
 動物病院設計の初期段階から開業シミュレーションとテナント診断の両サービスをACプランでは継続しています。
 開業シミュレーションは開業希望の先生方から開業する際の動物病院必要諸室をお知らせ頂き、開業希望する動物病院の適正面積と適正工事価格をシミュレーション(明示)するサービスです。テナント開業でも戸建開業でも併用住宅の開業の場合でも開業シミュレーションは計画初動段階で御利用頂ければ開業計画の全体像が把握できます。テナント探し(土地探し)の前に必要な面積と工事金額を理解した上でテナントを探すことが出来れば、テナント探し(土地探し)の無駄が減り効率の良いテナント選定(土地選定)が可能となります。テナントの場合、必要諸室からシミュレーションされた面積が“35坪前後”であれば、35坪前後のテナント探しを集中的に行えます。テナント工事に要する概概算工事費用が“1150~1250万円(消費税抜き)程度“である場合、自己資金や借り入れ費用を検討して、余裕があればもう少し広いテナントでも選定範囲内になりますし、全体費用が厳しい場合は30坪程度のテナントの選定等を検討する選択も考えられます。開業に必要なテナントの面積と工事費用が計画の初期段階で掴める便利なサービスです。また、開業シミュレーションでは、設計からテナント引渡しの全工程の日程も把握できる工程表も提示します。
 テナントを内見する際の重要ポイントや注意事項・確認事項をテナント診断レポートとして提出し、テナント選定前に知っておきたい選定の手順を紹介しています。
戸建開業の場合も同様に建物必要面積と土地の必要面積、建築工事費用の概概算を明らかにして、土地選定や事業計画立案に具体性を付与するサービスです。
 開業シミュレーションのお申し込みからシミュレーション結果まで5日程度です。動物病院の開業をお考えの獣医師の先生方の御利用をお待ちしております。

開業シミュレーションサービスはこちらです。
戸建動物病院 外観写真
しのはら動物病院
設計監理:ジュンメ設計事務所






№109 近頃日本も神だらけ

 2018/10/13
 昔々、日の本の国には神様が数多おり、国中に神様が溢れていたものです。あまりにも神様の数が多すぎて神様の名前も付け様が無く、覚えようもなく、仕方がないので八百万の神と崇めて慕っていたものと思います。道を歩けば道端に神がおり、石の陰にも神様がおり、道の脇の草叢にも神様はおり、木立の枝にも神様がいるほどの国でした。
 日の本の国の神様達は人付き合い、ではなく、神付き合いも上手にこなしていたらしく、神様の密度が異様に高いにも関わらず神様同士の諍いも起こらず争いも起こさず、平和で和やかな日常を営んでいたようです。
 昭和の終わり頃辺り、日本が高度成長期を終えた1980年頃から神様の姿は見えずらくなって平成の頃には神様が人の世界から消えてしまった時期があったように思います。金儲けと財産づくりに精を出す日本の人々に神様も愛想を尽かし、せちがない世の中に嫌気が差し、出雲の里で車座になり欠伸でもしていたものと想像しています。
 近頃では、あまりにも人間の身近に神様がいなくなってしまったので神様を肌身に感じなくなってきた若者たちが自らよりもほんの少しばかり能力を発揮する人間に対して「神対応」「神ってる」などと宣うようになっています。おかげで、似非神様、にわか神様が世の中に増殖してきています。
 いつの時代も、人間は全能に憧れますが全能にはなれません。不老に焦がれる人も不老にはなれません。不死を望んでも必ず死は訪れます。人間が神になろうとしても神にはなれません。出雲の里の神々もそろそろ巷に戻ってきても良い頃合いではなかろかと思っています。
栃木県鹿沼市 しのはら動物病院 OPE室
しのはら動物病院
設計監理:ジュンメ設計事務所






№108 木造モデュールの功罪2(建物構造による面積差)

 2018/10/07
 平屋の建物ではそれほど大きな差は出ませんが、階層を重ねる重層建物の場合、木造で80坪を要する動物病院は木造以外(重量鉄骨造やRC造)で設計を練り直すと70坪以下で納まる可能性もあります。
 建物構造を選択する際に、鉄骨造や鉄筋コンクリート造(RC造)を希望しても工事コスト増で断念せざるを得ない場合でも、木造を鉄骨造やRC造で見直し平面の余剰空間削減によって建物の床面積を減じ、木造の工事コストと比較しても大きな差が出ない計画が可能な場合があります。
 建物構造が変われば構造の特性によって平面計画も変わります。建物が複層階になるほどその傾向は強くなりますので、構造計画選定前には構造の違いによる面積差の検討も行うべきところです。

例:延床面積100坪 3階建ての動物病院
□木造軸組工法:100坪× 75万円/坪=7500万円(延床面積×坪単価=工事費用)
□重量鉄骨造  : 90坪× 90万円/坪=8100万円(延床面積×坪単価=工事費用)
□RC造     : 90坪×110万円/坪=9900万円(延床面積×坪単価=工事費用)
横浜市都筑区 テナント動物病院 受付カウンター
横浜もみじ動物病院
設計監理:アトリエテクト






№107 木造モデュールの功罪1(建物構造による面積差)

 2018/10/07
 日本中の木造軸組み工法の建築物はおおよそ木造モデュールを基準としてつくられます。木造モデュールとは建物を設計する際の定規のようなもので三尺や一間を基本とし尺寸モデュールと呼ばれています。三尺は910㎜、一間は1820㎜の縦横格子上に柱と壁が載るように設計すると市場に出回る建築材料が効率良く使用できると共に工事期間や工事費用の縮減にも繋がる仕組が作られています。尺寸モデュールは現在でも広く一般的に使用される建築基準寸法ですが、木造三階建てや地震等に耐え得る太い柱(通常使用される柱は105㎜角、木造三階建て柱は120㎜角以上)を使用する工法では尺寸モデュールとの相性が合わない状況も増えてきたために、1mモデュールのグリットを基準とした木造建築も増えています。
 木造建築は建物づくりに関わってきた先人の知恵と経験から一般則となり、現在でも使用され続けていますが、基本的なモデュールがあるが上に必要寸法を満たして余りあるにも関わらずモデュールを追随することによって、一部屋ごとの細部に余剰空間ができる状況も作り出します。必要な寸法よりも小さいあるいは狭い部屋は使えませんが、必要よりも広い部屋は“好し”とされるのが建物づくりでは暗黙の了解事項です。重箱の隅をつつく様な細かい事柄をとやかく言うつもりは無いのですが、一つ一つの部屋の些細な余裕や小さな隙間を集めていくと、建物一棟では結構大きな余剰スペースになります。同じ機能を持つ建物を木造尺寸モデュールと重量鉄骨造で設計すると延床面積が変わることが多く、重量鉄骨造建物の延床面積が10%程度小さくなります。部屋の機能が明快で、医療機器の寸法がおおよそ決まっている動物病院では木造と重量鉄骨造の面積差は確実に出ます。
神奈川県横浜市 テナント動物病院外観
横浜もみじ動物病院
設計監理:アトリエテクト






№106 テナント診断サービス

 2018/10/01
 動物病院設計の初期段階からテナント診断と開業シミュレーションの両サービスをACプラン+イトレス&ACDでは展開しています。
 テナント診断は、選定テナントが動物病院機能の充足度をどの程度有しているかの判断がメールの遣り取りで可能になるサービスです。加えて、選定テナントを動物病院に改修する際の容易さと工事費用の増減多寡が判断できるサービスです。
 動物病院機能は待合ラウンジや受付廻りの癒しや誘客効果、医療サービス向上への医療動線検討や診療環境維持、防音・防臭への対応、テナントファサードや外観の個性的デザイン、メンテナンス容易性と高耐久性等の実現等、通常のテナントでは考えなくても良い多様な条件をクリアしなければなりません。テナント診断サービスはそのような動物病院としての多様な条件に関する機能に対して選定テナントの持つ構造や形態特性の相性を整理・検討し工事費用の増減をレポートします。テナント診断サービスの報告書から選定候補テナントの現状を理解し、テナント特性を知った上で、テナント契約が可能になり、動物病院として機能しづらい不良テナントを事前に見分け、工事費用が適正になるテナント選定が可能になる大変便利なサービスです。
 テナント開業を考え、テナント候補が見つかった時、複数のテナント候補に迷っている時、テナントの決定期限が迫っている時、ACプランのテナント診断サービスをお気軽に御利用下さい。


動物病院開業サービス:メールでテナント診断サービスはこちらです
群馬県伊勢崎市 獣医神経病クリニック
ACORN獣医神経病クリニック
設計監理:アトリエテクト






№105 動物病院を開業するには

 2018/09/30
 開業したい~開業しようと思った時から、開業への一歩が始まります。動物病院の開業に至るまでの概要を以下に記します。
 開業情報収集と分析、開業相談先の選定
 開業費用概算の算出
   
場所代(土地取得費、テナント費用、不動産費用)
   
動物病院建築費(建築費用・内装工事費用)
   
医療機器費
   
広告費
   
運転資金
 場所探し・場所選定(土地、テナント、必要面積の検討)、診療圏調査
 融資検討、事業計画作成と資金調達
 設計依頼・設計事務所選定
   
基本構想案依頼~設計監理契約~設計打ち合わせ
   
見積参加工事業者選定、競争見積
   
工事業者決定、工事契約
   
各種工事業者の調整・現場打ち合わせ
 医療機器選定
 ロゴ・サイン・広告等の検討
  動物病院建物引渡し
 引越し、開業準備(医療機器搬入、家具搬入)
 動物病院開業
   
動物病院開業届け提出
福岡県の動物病院リニューアル案 受付カウンター
受付カウンター
改修工事案






№104 アスベスト禍

 2018/09/27
 建主や建物の持ち主にアスベストの最終処理責任を転嫁する法律を何食わぬ素振りで立案し成立させたのは時の政治に携わる政治家であり、法律を具現化し実行するのは行政に携わるお役人達です。
 アスベストを建築材料として使用する許認可を下ろしたのは時のお役人達であり、その前に怪しい材料で一儲けしようと企てたのは政治と深く結びついた企業です。おそらく、アスベストの売買で巨額の富を築き、政治家にせっせと献金し、儲け一筋にアスベストの製造を続けたことでしょう。
 法律が定まった以上、一庶民が法律の良し悪しに文句を言ったところで一笑に付されるだけの話ですが、アスベストを製造した者も、アスベスト使用を認めた者も、アスベスト禍に気付きながらも使用を止めなかった者も、何一つ責任を取ることなく、知らん顔して生きていける社会が日本という国の本質です。そして、最終責任だけは何の情報も持たずに国の指導と許認可のもとで建物を作った者の側に振られます。
 先の戦争の際に戦争責任を誰も取ることなく、最悪の結果に対して素知らぬふりして、自らの家系の繁栄だけを考え続けた時の政治に携わる人々や行政を差配していた人々の態度とアスベストの処遇は本質が変わっていません。何度も何度も同じことが繰り返され、本来責任を取らなければならない人々は富を蓄え、本来被害者であるはずの人々は誰にも顧みられず責任を押し付けられ疲弊するばかりの事が繰り返されます。
 アスベストの最終処理の責任は国側にあり、製造した会社側にあります。アスベストの撤去、廃棄、アスベストからの環境保護等のすべての責任はアスベストを製造した会社とアスベスト使用を認めた国にあります。
 小学生でも理解できる原因と結果、義務と責任の取り方を示す事さえ出来ない政治や行政が優秀であるはずがなく、ただのアホ集団なのは自明です。アホ集団に文句を言ったところで理解する頭は持ち合わせていないのでしょうけれど、アスベストの最終処理責任はアホ集団の側にあります。
スケルトンテナント
スケルトンテナント






№103 改修デザインリニューアル

 2018/09/26
 デザインは消費されます。消費されるとは消耗品のように使った後は捨てられるわけではなく、耐久材のように経年変化を経て徐々に朽ちていくこととも違います。簡単に表現するとデザインは飽きられます。飽きられると言うよりも見慣れると言った方が適切な表現かも知れません。飽きられて誰もが振り向かなくなるデザインは視界の中から消えていき、飽きられても日常に埋没するデザインはやがて見慣れられて日常風景の一部に変わります。愛され続けるデザインは時代の経過の中でスタイル(様式)として記憶に刻印されます。先鋭的で刺激的なデザインがどのような運命を辿るのかは誰にも判りませんが、いずれの場合でもデザインは消費の荒波に晒され尖ったデザインでもセンス溢れるデザインも時代に飲み込まれ、大衆化され、角が取れ、切れ味は鈍り表情も霞んでいくものです。
 デザインと改修リニューアルは同等には扱い難く、リニューアルする以前のモノには年月を重ねたデザインの痕跡が残っています。材質や色彩を変えてもモノが作られた当時の表現しようとする意志の残骸はモノの中に残っています。意志の残骸に気づいて拾い上げられれば改修リニューアルが成功する確率は高くなりますが、モノとの意志の疎通が出来ない場合は望ましくない結果に終わる可能性も少なくありません。
 改修リニューアル時には、恐山のイタコさんを呼んで前設計者や前クライアントを呼び出してもらい、イタコさんの“口寄せ”で設計当時の話でも聞くことが出来れば、さぞ事はうまく運ぶことと想像しています。
福岡県福岡市 さとこ犬猫クリニック 診察室
さとこ犬猫クリニック
診察室






№102 動物病院ブランディング設計

 2018/09/25
 ブランディングという言葉をよく耳にするようになりました。
ブランディング:〔原義は「焼き印を入れること」の意〕経営・販売上の戦略として、ブランドの構築や管理を行うこと。会社・商品・サービスなどについて、他と明確に差別化できる個性(イメージ・信頼感・高級感など)をつくりあげる。と(大辞林 第三版)には記されています。
 動物病院に置き換えると動物病院運営・集客の戦略としてブランドの構築や管理をおこなうこと。動物病院建築(ファサード)・待合ラウンジや受付のインテリア・ワークゾーンの医療サービス等について、近隣競合動物病院と明確に差別化できる個性(イメージ・信頼感・高級感等)をつくりあげる適正な建築設計と設計監理(行為)が動物病院のブランディング設計ということになります。
 文章にするとなるほどと思いますが、“明確に差別化できる個性”は設計においては高度な部類に入る代物です。それぞれの動物病院に“個性”はありますが“差別化できる個性”は言葉としての表現は容易く設計としてのハードルは高く、さらに“明確に差別化”となると更なる高みを目指して悶え苦しみながら設計デザインを思考する姿と重なります。言うは安し行うは難し、行うは難しを目指す姿勢を持続し得る努力が求めらる継続性も身につけなければならないようです。
金沢文庫 テナント動物病院の待合ラウンジ
動物病院待合ラウンジ
パース案






№101 美人投票

 2018/09/16
 美人を選ぶのは個人の側の自由です。自らが美人と思う人を選べば済みます。選んだ人が他人から美人ではないと思われたところで、なんの問題もありません。美人選定はまさに個人の側に帰属することです。
 同じ状況で条件を一つ加えます。美人を選ぶのは同様ですが、選んだ美人が一番になった場合、選んだ本人にも多額の賞金が出る条件を加えます。美人を選ぶのは個人の側の自由ですが、この条件下では、他人が美人と思う人を選定する必要に駆られます。美人投票は舞台上の美人を吟味すれば良いのですが、条件の付加によって、美人を吟味するよりも審査する人の顔色を観察し吟味する様相を呈します。
 動物病院開業は個人の側の自由です。開きたい場所に自分の好きな病院を作れば良いことです。お客様が来ようが来まいが関係なく得意な医療を提供すれば良いだけのことです。ただし、お客様が来なくても十分に継続可能でなければ動物病院は成り立ちません。
 条件を一つ加えます。開業後、動物病院にお客様が来る可能性を高くすることです。動物病院開業は個人の側の自由ですが、条件を一つ加えると開きたい場所につくりたい病院をつくることが難しくなります。ペットと生活する家族が住み動物病院がない地域ならば、お客様が来院する可能性が高くなるはずです。同じ地域に既存動物病院がある場合、既存動物病院の内実を知らなければなりません。また、単身者が多いのか、家族が多いのか、家族の年齢層等、地域情報も探らなければなりません。
動物病院の開業地選びはケインズの美人投票にも当て嵌まりそうです。
動物病院建築 スタッフ棟
ACORN獣医科神経クリニック
設計監理:アトリエテクト






№100 JVBP 日本臨床獣医学フォーラム

 2018/09/13
 2018年9月28日(金)から30日(日)まで東京のホテルニューオータニでJVBP 日本臨床獣医学フォーラムが開かれます。本年もACプランは展示ブースにて動物病院開業相談と動物病院設計の展示を致します。臨床獣医学フォーラムには継続して参加させていただいており、獣医師の先生方にはフォーラムの合間を縫ってACプランブースに足を運んで頂き、開業相談や設計の申し込み、建築相談等に御利用頂く機会も年毎に増えています。ACプランにて開業に協力させて頂いた動物病院も年を追うごとに増え、開業動物病院のその後の様子を獣医師の先生方から伺える貴重な時間にもなっています。
 本年からACプランの展示ブースはマイナーチェンジを行い、従来まで設計や建築方面に主軸を置いていた立ち位置から動物病院開業のサポートを積極的に行い、動物病院づくりをご要望のすべての先生方に向けた開業までの全方向サポートを行っていきます。開業相談、診療方針検討、医療サービスに沿う動物病院設計、土地・テナント選定への協力、事業計画・融資検討、医療業者との調整、建築工事業者の選択から選定、動物病院工事監理、ブランディング設計まで今までの枠を超えた活動の展開を目指していきます。また、開業する動物病院のメンテナンスに関する悩みや相談、改装相談等も受け付けておりますので、些細な悩みから大きな問題まで解決の方法を共に検討致します。 
 動物病院開業を目指す方、現在、開業を考えていはいないが将来は開業する意志をお持ちの方、移転を検討する開業獣医師、リニューアルを検討中の方、すべての獣医師の先生方に協力できる経験と体制を整えて、フォーラム期間中は展示ブースにてご相談を承りますので、お気軽にACプラン展示ブースまでお越し下さい。
築35年動物病院改装計画 待合ラウンジと受付のパース
動物病院待合ラウンジ改装計画






№99 動物病院開業相談先

 2018/09/12
 動物病院開業を目指す獣医師の先生方、開業しようと考えた時には、イトレス&ACD+ACプランに御相談下さい。ACプランは動物病院開業をあらゆる方向からサポートする動物病院専門設計集団です。イトレス&ACD+ACプランは2000年に動物病院の設計を始め、2018年現在では360棟の動物病院開業サポートのお手伝いをさせて頂いております。動物病院開業に関わる設計業務のみならず事業計画作成や開業資金調達、医療業社紹介、建築工事会社の選択や選定、動物病院建築の監理と医療機器業者や動物病院関連業者との調整まで、開業する先生方のご要望に応え、個性的なデザインと付加価値の高い動物病院開業をプロデュース致します。動物病院建築デザインと動物病院ロゴやサイン計画、建物ファサードデザインと待合ラウンジデザインまでを総合的に思考し開業動物病院のブランディング力を高める計画提案も致します。
 新規開業、移転開業、既存動物病院のリニューアル、地域中核動物病院への展開等、動物病院建築刷新の場面でイトレス&ACDが皆様の力になり新たなステップへの推進力になります。
動物病院開業を目指す獣医師の先生方、開業しようと考えた時には、イトレス&ACD+ACプランに御気軽に御相談下さい。
動物病院 神経クリニック
ACORN獣医科神経クリニック
設計監理:アトリエテクト






№98 診察時間外の駐車場

 2018/09/10
 動物病院開業時刻から診療終了時刻まで、駐車場は使用されています。夜、診療終了時刻から動物病院を開く時刻まで動物病院の駐車場は空いています。夜の動物病院駐車場を利用する手立てがあれば、駐車場の利用価値は上がります。
 安全性や近隣対応や責任の所在等、色々な問題もあることとは思いますが、夜間に動物病院駐車場を利用したいニーズがあれば、動物病院に駐車場をつくる価値が上がります。開業獣医師の方々で夜間の駐車場利用法をお持ちの方がおられれば、是非ご意見を伺いたいと思っております。
青森県の動物病院デザイン
動物病院ファサード






№97 設計選択以前

 2018/08/24
 動物病院設計において、最近は住宅メーカーとの競合が増えています。規模の大きな動物病院や住宅併用動物病院で、住宅メーカーと競合します。住宅メーカーは営業のプロフェッショナルですから、住宅メーカーの営業力に対抗する気は更々有りません。営業担当者の熱意と誠意に絆されて住宅メーカーに建築依頼する獣医師の先生方がいるのも当然と思います。
 動物病院をつくるに当たり、少しだけ考えて欲しいことがあります。日本中でつくられる動物病院は1年で150〜200棟程度です。その中で、テナント動物病院が半数程度、戸建の動物病院は多く見積もっても半数以下です。戸建動物病院や動物病院併用住宅の棟数は1年で75〜100棟以下になります。戸建動物病院の中である程度の規模を有する動物病院(住宅メーカーが食指を動かす動物病院)や動物病院併用住宅は10%程度、数にして7〜10棟に過ぎません。日本中で1年に僅かしか受注可能性がない動物病院に対して、それなりの規模を持つ企業が本気になってノウハウを習得し、企業実績を上げることを考えているとしたら、企業としての方向性を間違っており、数年で潰れます。動物病院が現状置かれている建築の市場規模は住宅メーカーの生業が立つほど大きくは有りませんから、必然的に住宅メーカーにとって動物病院建築は継続的な仕事にはならず、単発の仕事にならざるを得ません。単発の仕事といっても、情報を集め動物病院建築を短い期間で可能な限り研究するとは思いますが、それでも素人に毛が生えた程度の知識と経験で動物病院の設計と工事をする状況に変わりありません。
 平面計画に不備があろうと設備計画が不適切であろうと工法に問題があろうと、元来、人間に備わった柔軟な思考と適応力があれば、不備の多い建物であれ、ある程度は使いこなす能力を備えているのが人間です。住宅メーカーがつくる動物病院でも、動物病院として使い続ける努力をすれば、動物病院足り得ます。
 建築計画には正解はありませんが、平面計画や設備計画を見れば、設計に携わる者の能力は一目瞭然です。しかしながら、図面を見れば一目瞭然を見抜く能力は動物病院設計のプロフェッショナルしか持っていません。なんとも皮肉な現実です。
 動物病院設計を提案する側よりも提案を選別する側の方が、ACプランの建築士は能力を発揮できるのかもしれないと時折考えさせられることがあります。
戸建動物病院平面図

動物病院基本構想平面図







№96 強い意志

 2018/08/13
 どんなに強い思いを持っていたところで現在持っている資力と時間、開業場所と土地やテナントの外的要因に左右されることのほうが影響は大で獣医師の動物病院へのこだわりや思いなど設計を進める動物病院とは関わりが無いと思う方も多いと思いますが、動物病院の未来像を決定するのは開業する獣医師の意志であり、獣医師の将来目標が無ければ魅力的な動物病院はできません。
 未来への強い情熱や希望を持てない場合、普通の動物病院を普通につくる事は動物病院設計を専門にする建築士にとって難儀な事ではなく、開業を目指す獣医師の先生方から特別な要望も無く、やりたいことや実現したいと思うことも無いが動物病院をつくりたいと断言されれば、通常の診療サービスを提供するのに遜色ない動物病院提案をする事に特別な異論はありません。
 世の中で見たこともないような動物病院をつくりたいという方にお目にかかった事は今までありませんし、これから会う機会も多くはないであろうとは思いますが、動物病院の医療を含むサービスは変化し続け進化して行きます。お客様から動物病院に期待される要望はペットの病気治癒だけにとどまらず病気予防や健康維持、伴侶動物としての付き合い方から生活指導まで裾野が広がり、ペットの飼い主の気持ちを励まし支えていくのも獣医師の役割です。現段階では獣医療とは疎遠で遠い場所にあるような職能の方々との連携も、近い将来、動物病院をつくる上で必要になってくるでしょう。
 クライアントの意志と思いを建築の中で実現に近づける職能を建築士は持っています。開業や移転、リニューアルへのこだわりを伝えていただければ、あらゆる可能性を追求して建築として表現しようと試みることが建築士の役割です。
ホームセンター内動物病院 いとう動物病院
猫専用待合
設計監理:コモダアトリエ






№95 会って話す

 2018/08/07
 大事な話は会って話します。会話には表情や間合い、互いの感情や理解深度が含まれ、会って話すことでしか大切な話はまとまりません。
 WEBを検索しても大事な情報やピンポイントの事象には辿り着かない可能性のほうが大であり、知りたいことの本質や必要なノウハウは経験と実績を重ねた人に聞くことでしか手に入らないものです。
 情報は無料で大量に溢れていますが、不特定多数に向けられる情報には無難で表向きな情報が多く、無料の情報には本質を突く大事なノウハウも出てこないのが常です。
インターネットが席巻する世の中になっても、会って話さなければ自らが必要と欲する情報は手に入り難い状況に変わりありません。動物病院の開業や移転、リニューアルを進める場合も、信頼の高い情報を集めるためには、信頼が高いと思われる人に会って話をする方法が最も無駄なく効率良い物事の進捗方向を見通せます。動物病院の開業、移転、リニューアルを考え始めたときに、御一報頂ければ、日程調整の上、お話に伺う体制を整えておりますので、何はともあれ、ACプランの動物病院相談窓口に御連絡下さい。
相談窓口 TEL 03-6302-1546
千葉県柏市 動物病院リニューアル
動物病院ファサード改修案






№94 動物病院開業情報収集

 2018/08/06
 情報を収集する手立てはパソコンやスマートフォンで動物病院開業方法と検索するといくらでも出てきます。開業方法は枚挙に暇が無いほどインターネット上に掲載されています。情報の善し悪しはともかく動物病院開業に向けた情報量は過去よりも現在のほうが入手し易く情報も得やすい状況です。
 情報は容易に手に入るようになりましたが、情報の信憑性の判断は以前よりも難しくなっています。インターネットが普及する以前は、信頼できる情報は口コミで広がり信頼できる人からの情報であれば信頼できる確率は高く、情報の信憑性は人間の信憑性と重なっていました。
 情報発信が容易になり誰でも簡単に情報の発信元になる時代には、情報の信憑性にはいつも疑問符が付きまとい、情報の濾過装置足り得た知恵者と呼ばれる人物も情報の山の中に埋没して見え難くなり、情報の成否の判断に苦慮する場面が増え続けています。
 得られた情報が信頼できるのか、信頼の深浅について判断するのは情報を集めた人間です。インターネット上での検索で得られる情報はモノの善し悪しやコトの正悪を判断してランキングされてはいません。検索エンジンで美味しい中華料理と入れても不味い中華料理と入れても上位にランキングされるのは同じような中華料理屋に過ぎません。検索エンジンの序列は決められたルールの中で計算上弾き出されたもので、正解を上位に表示するのではなく不正解と言えないものの中でルール上選択肢に残ったものが表示されるように出来ているに過ぎません。
 検索エンジンが人間よりも賢く明晰な頭脳を持って、検索する人間の欲する情報を理解して、モニター上に順序立てて良い情報から並べているように見せている、あるいは検索操作する人間がそのように感じるように作られているのが検索エンジンです。近い将来、集めた情報の真偽を判断することもコンピューターに委ねてしまう人間が現れても不思議では無くなってきていますが、今のところ、常識的には情報の取捨選択と真偽判断は人間の側に責任があるものと思っています。
千葉県茂原市 動物病院
しのはら動物病院
設計監理:ジュンメ設計事務所






№93 開業土地神話

 2018/07/31
 動物病院開業の中で最も大事な事は開業地の選定と謳っている開業コンサルタントは現在でも数多くいます。20年前も15年前も10年前も彼らは同じことを言っていました。競合動物病院が少なく、成長世代を抱える家族が住み、今後人口の流入が期待でき、伴侶動物と過ごせるだけの経済力を持つ家庭が多い場所等々、獣医師の資格を持ち開業しさえすれば、動物病院の運営が成り立って行く土地を見つけることが開業後の成功に近づく方法であると、当たり前のことを専門家気取りで言っていましたが、現在でも同じようなことを同じように言い続けている開業コンサルタントも少なくないのが実状です。
 都市圏では競合動物病院が診療圏内に複数存在するのは当たり前です。実際、ここ数年の新規開業動物病院は首都圏に集中しています。日本の人口移動が首都圏に集中していることと新規開業動物病院が首都圏に集中するのは若い獣医師が日本の状況を的確に捉えている証しです。人が集まるあるいは集まることが期待できる地域、世代の新陳代謝が期待できる地域に動物病院を開業し、新しい顧客を開拓しながら既存動物病院の顧客を誘導しようとする意欲が無ければ新規開業はできません。既存の動物病院と鎬を削る覚悟を持たなければ首都圏や都市圏での新規開業は困難です。
 古き良き時代に開業コンサルタントが饒舌に語っていた開業土地神話は既に過去のものです。地域医療の充実と向上に貢献できる動物病院は生き残り、医療サービス向上を怠れば廃れて行くのは極当たり前のことです。これから新規開業する動物病院に求められのは、既存動物病院の医療サービスを凌駕しうる将来構想を持つことと医療サービスを向上し得る動物病院の計画構想を実現することです。
子供とたくさん遊ぶ家 ASOBOX01
国立市の工事現場






№92 開業まで  動物病院プロジェクトマネジメント

 2018/07/19
 開業しようと思うことから開業への第一歩が始まります。開業しようと思ったら何から始めれば良いか?と誰もが思うでしょう。開業経験を持つ人に相談するのが最も手っ取り早い方法です。開業経験がある人は既に開業している動物病院の先生ですがほとんどの開業獣医師は1度の経験しかありません。複数の開業経験を持つ獣医師は開業後失敗を経験し再度開業をした人ですので、かなり貴重な存在です。複数の開業経験、あるいは豊富な開業経験を持つ人材は開業コンサルタントと謳われていますが開業コンサルタントは間接的に開業補助を専門にする職能です。その他に多数の開業に関わっている人材は動物病院設計をする設計事務所です。
 ACプランは2000年以降、400棟の動物病院開業に携わり、設計監理を行っています。開業コンサルタント業務は行っていませんが、開業に必要なノウハウと人材の紹介には十分な知識と経験があります。資金調達や事業計画、医療機器業者の紹介や広告宣伝の方法、ブランディング等、動物病院開業に関わる広いネットワークを日本全国に構築しており、多方面の人材や職能を持つ会社の紹介と協同を継続しています。
 開業しようと思い、さて、何から始めようかと思い出したら、下記に連絡を頂ければ動物病院開業への全面サポートを致します。動物病院プロジェクトマネジメントへのお申し込みは下記のURLをご参照下さい。
動物病院プロジェクトマネジメント http://itres.la.coocan.jp/KAIGYOU%20PD.html

いなば動物病院 福井県坂井市
いなば動物病院






№91 プロフェッショナル:動物病院設計

 2018/07/18
 プロフェッショナル 仕事の流儀はテレビで放送されています。毎回、プロフェッショナルが登場し、その道のプロの本質に迫る番組と理解しています。
 番組の最後にその道のプロに“プロフェッショナルとは”と問う場面があり、その道のプロたちは言葉の中にプロフェッショナルへの思いを詰め込んで番組はエンディングを迎えます。すべてのプロフェッショナルに共通するのはプロフェッショナルとしての自覚であり、需要を生み出す本質を自らが発信し体現しています。
 動物病院設計は誰にでも出来ます。建築士の資格を持つものであれば誰でも動物病院設計は可能です。テナント動物病院の設計ならば建築士の資格を持たなくてもデザインが得意な人であれば可能です。ACプランの動物病院設計はクライアントの要望に応え、予算上可能な範囲のデザインを提案し実現します。クライアントの要望が無くとも医療動線、医療環境、クライアント環境の維持が可能な動物病院の医療環境向上のためのテクニカル提案を実現します。予算が少なかろうが設計期間が短かろうが敷地・テナントの条件が悪かろうが、どのような状況でも動物病院に必須な基本性能を発揮し継続できる水準の設計提案を追及します。予算の多寡や期間の長短、立地条件の善し悪しに関わらず、動物病院としての性能を満たす条件をクリアする設計及び建築を提案し、実現不能な条件のテナントや土地に対してはクライアントに撤退を助言します。動物病院設計のプロ集団として動物病院設計に取り組んでいます。
いなば動物病院 風除室から待合を見るいなば動物病院







I TRES & ACD ARCHITECTS & PLANNERS 
株式会社 イトレス&ACD  一級建築士事務所
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町85-9-4F 
TEL:03-6302-1546    FAX:03-6302-1547 
インスタグラム https://www.instagram.com/ac_plan_animal/  
e-mail

イトレス一級建築士事務所 TOPへ